【簡単】AudibleでVプリカを使って登録する4つの手順

Audibleでのオーディオブック体験を始めたいけれど、クレジットカードがないからと諦めていませんか?

そんなあなたに朗報です!実は、Visaブランドのプリペイドカード、Vプリカを使えば、クレジットカードを持っていなくてもAudibleに登録できるんです。

この記事では、Vプリカを使ってAudibleに登録する具体的な手順を詳しく解説します。

さらに、万が一Vプリカが使えない場合の対策や、Audibleの支払い方法に関するQ&Aもご紹介します。

AudibleでVプリカを使って登録する手順

この章では、AudibleにVプリカを使って登録する・購入する手順を解説します。

AudibleでVプリカは利用可能

AudibleではVプリカが利用可能です。

Vプリカは、Visaカードのプリペイド版で、インターネット上での買い物に便利です。

Audibleの登録には、クレジットカード情報の入力が必要ですが、Vプリカを使用することでクレジットカードを持っていなくても登録が可能です

これにより、安心してAudibleの無料体験を楽しむことができます。

STEP1:Vプリカにお金をチャージする

Vプリカの利用には、事前にチャージが必要です。

Vプリカのチャージ方法は

  • コンビニ端末などを使ったチャージコード
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • ローソンで販売しているギフトコード

が主なチャージ方法です。

Vプリカのチャージ方法やチャージの種類はVプリカ公式ページ:Vプリカにチャージが参考になります。

下記、コンビニエンスストアにおけるVプリカのチャージ方法です。

  1. コンビニ端末でVプリカの購入ページにアクセスし、必要な金額を選択
  2. 支払い方法を選び、購入手続きを完了させます。

コンビニエンスストアやインターネットバンキングを利用して簡単にチャージできます。

チャージが完了すると、Vプリカ番号が発行され、これを使ってオンラインショッピングが可能になります。

Audibleに登録する際も、このVプリカ番号を使用しますので、忘れずに控えておきましょう。

STEP2:Audible無料体験登録ページにブラウザからアクセスする

Audibleの無料体験登録ページに登録するには、ブラウザから登録ページを開くことが重要です。

なぜなら、AudibleはアマゾンアプリやAudibleアプリからは登録できないためです。

Audible無料体験登録ページにブラウザからアクセスする

Audible無料体験登録ページにアクセスする

【上記のURLを長押しして『新規タブで開く』を選択するとブラウザで開くことができます。】

関連記事:【絶対解決】オーディブルの無料体験ができない原因と10つの解決策

STEP3:『30日間の無料体験を試す』を選択し登録手続きをする

Audibleの無料体験登録ページにアクセスしたら、『30日間の無料体験を試す』というボタンをクリックします。

ブラウザで初めてAmazonにアクセスした場合、Amazonアカウントでサインインするか、新規登録を行います。

次に、支払い情報の入力ページに進みます。

このページで、Vプリカの番号、有効期限、セキュリティコードを入力します

Vプリカの情報を入力する際は、間違いがないように注意しましょう。

すべての情報が正しく入力されていることを確認したら、登録ボタンをクリックします。

これで、Audibleの30日間無料体験が開始されます。無料体験期間中に解約すれば料金は発生しませんが、継続利用する場合は自動的に料金が引き落とされますので、継続の意思がない場合は注意が必要です。

関連:Audibleの無料体験を解約する方法【罰金なし?】

AudibleでVプリカが使えない場合

この章ではVプリカが使えない場合の解決策を紹介します。

チャージ金額を確認する

AudibleでVプリカが使えない場合、まずチャージ金額を確認しましょう。

Audibleの無料体験登録時には、カードの有効性を確認するために少額でもチャージ額が必須です。

このため、Vプリカの残高が不足していると登録が完了しません。

Vプリカの残高を確認し、不足している場合は追加でチャージを行ってください。

最低でも1,500円以上はチャージ額する必要があります。

通常、Vプリカの残高は購入時に発行されるWebサイトや、発行元のアプリから確認できます。

また、インターネットバンキングやコンビニエンスストアから簡単にチャージが可能です。

Vプリカに十分な残高があるか確認し、再度登録手続きを試みると良いでしょう。

他のクレジットカードまたはデビットカードを使う

Vプリカが使えない場合、他のクレジットカードやデビットカードを利用することも検討しましょう。

クレジットカードやデビットカードは、Vプリカよりも広範囲での利用が可能で、特にAudibleのようなサブスクリプションサービスでは安定して使用できます。

AudibleでVプリカを使う Q&A

AudibleでVプリカを使う際によくある質問をいくつかピックアップして紹介します。

オーディブルの支払い方法はプリペイドカードだけですか?

Audibleの支払い方法は、プリペイドカードだけに限られていません。

クレジットカード、デビットカード、そして一部のプリペイドカードが利用可能です。

VプリカのようなVisaブランドのプリペイドカードは、一般的に対応していますが、すべてのプリペイドカードが使えるわけではありません。

利用できるかどうかは、カードの発行会社やカードの種類によって異なるため、事前に確認しておくことをお勧めします。

また、定期的な支払いが必要なサブスクリプションサービスの場合、チャージ不足や有効期限切れのリスクがあるプリペイドカードよりも、クレジットカードやデビットカードの方が安心です。

オーディブルは都度購入できますか?

Audibleは基本的に月額制のサブスクリプションサービスですが、都度購入も可能です。

月額会員になると、聴き放題が含まれる他、追加で購入する場合は会員割引(30%OFF)が適用されます。

しかし、サブスクリプションに加入せずに、必要な時にだけオーディオブックを購入することもできます。

これにより、頻繁に利用しない方や特定のタイトルのみを購入したい方にとって便利な選択肢となります。

都度購入の場合は、購入したオーディオブックは自分のライブラリに永久に残り、いつでも聴くことができます。

デビットカードとプリペイドカードの違いはなんですか?

デビットカードとプリペイドカードは、どちらも現金を使わずに支払いができる便利なツールですが、いくつかの違いがあります。

デビットカードは銀行口座に直接リンクされており、支払い時にその口座から即座に引き落とされます。

銀行口座の残高が不足していると利用できないため、使い過ぎを防止できるのが特徴です。

一方、プリペイドカードは、事前にチャージした金額の範囲内で利用できます。

クレジットカードのように利用限度額が設定されているわけではなく、チャージした分だけ使えるため、予算管理がしやすいというメリットがあります。

ただし、チャージが必要な点や、カードによっては有効期限がある点には注意が必要です。

まとめ

AudibleでVプリカを使って登録する手順について詳しく説明しました。

まず、Vプリカをチャージし、Audibleの無料体験登録ページにアクセスして手続きを行います。

もしVプリカが使えない場合は、残高の確認や他の支払い方法を検討します

Vプリカを使ってAudibleに登録する方法を解説。クレジットカードなしで30日間の無料体験を楽しむ手順と対策を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実体験を元にユーザーにガジェットとAmazonサービスの素晴らしさを届けるゆるミニマリストブロガー。おかげさまで月間最大10万PV。 Apple製品とAmazonが大好です。10割在宅勤務のためデスク環境にはかなりのこだわりがあります。