【体験談】オーディブルが頭に入らない理由と7つの対策

「オーディブルに興味はあるけれど、どうしても内容が頭に入らない…」と悩んでいませんか?

通勤時間や家事の合間、運動中など、忙しい現代人にとってオーディブルは理想的な読書ツールです。

しかし、聴くだけの読書に慣れていないと、内容が頭に残らないという問題も

この記事では、オーディブルが頭に入らない理由を徹底解説し、効果的な活用法を紹介します。

今なら初回登録で30日間無料!

公式サイトはこちら

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

オーディブルが頭に入らない理由

オーディブルが頭に入らない原因・理由を解説します。

聴く読書に慣れていない

オーディブルのような聴く読書に慣れていないと、内容が頭に入らないことがあります。

従来の紙の本や電子書籍と違って、耳から情報を取り入れるため、初めは集中しづらいかもしれません。

この新しい形の読書方法に慣れるためには、時間が必要です。

個人的には、2〜3冊ほど利用することで聴き慣れないから頭に入らないという、問題を解決することができました。

最初は短いオーディオブックから始め、徐々に長い作品に挑戦すると良いでしょう。

集中力の問題

オーディブルを聴く際に集中力が続かないことも、内容が頭に入らない原因の一つです。

周囲の雑音や他のタスクに気を取られてしまうと、物語や情報に集中するのが難しくなります。

静かな環境で聴く、定期的に休憩を取る、リスニングセッションを短くするなどの工夫をすると、集中力が保ちやすくなります。

また、自分が集中しやすい時間帯を見つけて、その時間に聴くのも効果的です。

内容に興味がない

興味のない内容を聴くと、頭に入らないことがよくあります。

オーディブルでは様々なジャンルの本が提供されているため、自分の興味に合ったものを選ぶことが重要です。

興味を引かない内容だと、集中力も低下しがちで、内容を覚えるのが難しくなります。

逆に、興味深いテーマや好きなジャンルの本を選ぶと、自然と内容に引き込まれ、記憶にも残りやすくなります。

繰り返し聴いていない

一度聴いただけで内容を完全に理解するのは難しいことがあります。

特に、専門的な内容や情報量が多い本は、繰り返し聴くことで理解が深まります。

オーディブルでは簡単にリピートできる機能があるので、重要な部分や理解しにくい部分を何度も聴き返すと良いでしょう。

繰り返し聴くことで、内容が頭に定着しやすくなります。

再生速度の調整不足

再生速度が適切でないと、内容が頭に入りにくい場合があります。

再生速度が速すぎると情報を処理しきれず、逆に遅すぎると退屈になり、集中力が途切れてしまいます。

自分にとって最も聞き取りやすい速度を見つけることが大切です。

オーディブルでは再生速度を調整できる機能があるので、自分に合った速度を試しながら最適な設定を見つけると良いでしょう。

多タスクの影響

複数のことを同時に行うと、どちらにも集中できず、オーディブルの内容が頭に入らないことがあります。

特に、注意を要する作業と同時に聴くと、どちらも中途半端になりがちです。

オーディブルを聴く際には、できるだけ他の作業を減らし、聴くことに集中することが重要です。

散歩や軽い運動、家事など、頭をあまり使わない活動と組み合わせると効果的です。

今なら初回登録で30日間無料!

公式サイトはこちら

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

オーディブルを効果的に頭に入るように使う方法

オーディブルを頭に入るように使う方法を7つ解説します。

興味のあるコンテンツを選ぶ

オーディブルを効果的に使うためには、まず自分が本当に興味を持っているコンテンツを選ぶことが重要です。

興味のあるテーマやジャンルの本を選ぶことで、自然と集中力が高まり、内容をより深く理解しやすくなります。

オーディブルのカタログには、多岐にわたるジャンルの本が揃っているため、自分の興味に合ったものを見つけるのは比較的簡単です。

レビューや評価も参考にしながら、聴いてみたい本を選んでみましょう。

再生速度を調整する

再生速度の調整は、オーディブルを効果的に利用するための重要なポイントです。

再生速度を自分の理解しやすい速度に設定することで、内容が頭に入りやすくなります。

通常より速い速度で聴くと、効率的に情報を取り入れることができる一方で、速すぎると内容を理解するのが難しくなる場合もあります。

逆に、ゆっくり過ぎると退屈に感じて集中力が続かないことも。

自分に最適な速度を見つけるために、色々と試してみると良いでしょう。

個人的にオーディブルのおすすめ再生速度は2倍です。

初めて利用する方は、1.25倍がオススメです。

ブックマークの活用

ブックマーク機能を活用すると、重要な部分を後で簡単に見返すことができ、理解が深まります。

オーディブルでは、聴いている最中に気になる箇所にブックマーク(保存、編集、削除)をつけることが可能です。

後で復習する際にも役立つため、効果的な学習ツールとして活用できます。

シングルタスクに集中する

オーディブルを聴く際には、他の作業を同時に行わず、一つのことに集中することが重要です。

特に初めて聴く本や内容が難しい場合、シングルタスクに集中することで理解度が向上します。

聴くことに専念する時間を作ることで、より深く内容に没入でき、記憶にも残りやすくなります。

静かな環境で、他の作業を排除してオーディブルを聴く時間を確保することを心掛けましょう。

繰り返し聴く習慣をつける

一度聴いただけでは理解しきれないことも多いため、繰り返し聴くことが効果的です。

特に専門的な内容や複雑なストーリーの場合、複数回聴くことで細かい部分や重要なポイントをしっかりと理解することができます。

オーディブルでは簡単にリピート再生ができるため、重要な箇所を何度も聴き返すことが可能です。

習慣的に繰り返し聴くことで、内容が自然と頭に入ってくるようになります。

視覚と聴覚を併用する

視覚と聴覚を併用することで、より効果的に情報を取り入れることができます。

例えば、オーディブルで本を聴きながら、同じ本のテキストを読むと、内容が頭に入りやすくなります。

視覚と聴覚の両方を使うことで、理解度が向上し、記憶にも残りやすくなるのです。

この方法は特に学習や勉強の際に有効で、複雑な情報を整理しながら理解する助けとなります。

とはいえ、読む本の購入も必要なのであまりおすすめしません。

そのため、既存で持っている本をオーディブルで購入した際にこの方法をためしましょう。

適切な休憩を取る

長時間連続して聴き続けると、集中力が低下し、内容が頭に入りにくくなります。

適切な休憩を取りながら聴くことで、集中力を保ち、効率的に内容を理解することができます。

例えば、25分聴いたら5分休憩を取るといったポモドーロ・テクニックを活用すると良いでしょう。

休憩中にリラックスすることで、脳がリフレッシュし、再び聴き始めるときに集中力を取り戻すことができます。

今なら初回登録で30日間無料!

公式サイトはこちら

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

オーディブルの実践例「ちゃんと頭に入る」

ここでは実際にどのように頭に入る形で、オーディブルを執筆者が利用しているのかを詳しく解説します。

通勤時間の活用

通勤時間はオーディブルを聴く絶好のチャンスです。

電車やバスの中での移動時間を有効活用することで、日々の読書量を増やすことができます。

通勤時間はリラックスした時間帯でもあり、聴覚に集中しやすい環境です。

仕事に向かう途中でビジネス関連の本を聴いたり、帰宅時にリラクゼーションや趣味の本を楽しんだりと、目的に応じて内容を変えるとより効果的です。

通勤時間を有効に使うことで、忙しい日常の中でも読書の習慣を維持することができます。

家事や運動中の聴取

家事や運動中もオーディブルを聴くのに適した時間です。

掃除や洗濯、料理など、手を使う作業をしながらでも耳は自由です。

こうした時間にオーディブルを聴くことで、家事の時間を有意義に使うことができます。

また、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動中も同様に、聴くことで頭を活性化し、エクササイズの効果を高めることができます。

運動と知的な刺激を同時に得ることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

寝る前やリラックスタイムの活用

寝る前やリラックスタイムにオーディブルを聴くこともおすすめです。

リラックスした状態で聴くと、内容が頭に入りやすくなり、値落ちしやすいです。

ストレス解消や心地よい眠りを誘うために、フィクションや心地よいナレーションの本を選ぶと良いでしょう。

また、瞑想や自己啓発に関するオーディオブックも、リラックスタイムに適しています。

寝る前のルーティンにオーディブルを取り入れることで、読書を習慣化することができます。

今なら初回登録で30日間無料!

公式サイトはこちら

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

オーディブルを最大限に活用する機能

オーディブルを最大限有効的に利用するための、オーディブルに備わった機能を解説します。

クリップ機能の使い方

オーディブルのクリップ機能は、重要な部分や気になる箇所を簡単に保存できる便利なツールです。

聴いている最中に「ここは後で見返したい」と思った部分にクリップを付けることで、後から簡単に再生できます。

特に学習目的でオーディブルを使う場合、この機能は非常に有効です。

クリップした箇所を復習することで、内容をより深く理解し、記憶に定着させることができます。

クリップを活用して、オーディブルの聴取を効率化しましょう。

ブックマーク機能の活用法

ブックマーク機能は、クリップ機能と同様に重要な部分をマークしておくのに役立ちます。

ブックマークを付けておくことで、後から特定の箇所に簡単に戻ることができます。

学習やリサーチの際に便利で、長いオーディオブックの中でも効率的に重要なポイントを見つけ出すことができます。

おすすめの再生速度設定

再生速度は、オーディブルの聴取体験を最適化するために重要な要素です。

標準の1.0倍速が退屈に感じる場合は、1.25倍速や1.5倍速に設定すると、テンポよく聴けるようになります。

逆に、内容が難しくて理解が追いつかない場合は、0.75倍速に設定するとゆっくり聴くことができます。

自分のリスニングスキルや内容の難易度に応じて、最適な再生速度を見つけることが大切です。

様々な速度を試してみて、自分に最適な設定を見つけてください。

Audibleの30日無料体験に登録する方法

Audibleの30日無料体験に申し込み方法を解説します。

Audibleの30日無料体験申込手順
  1. Audibleを30日間無料で試す
    1. 【超重要】上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』でブラウザから開きましょう。
    2. Amazonアプリからは登録できません。
  2. 『無料体験を始める』を選択
  3. 支払い方法を設定
    1. クレジットカード
    2. デビットカード
    3. 2つのみ

Audibleに登録できない場合は、【絶対解決】オーディブルの無料体験が登録できない場合の対処方法10選が参考になります。

またうまく登録できたのか、無料期間はいつまでかを確認するなら【3秒】Audibleの無料期間を確認する方法!スマホ・パソコンから確認してみてください。

\ 12万以上の対象作品が聴き放題/

Audibleの公式サイトはコチラ

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

オーディブル頭に入らない Q&A

この章ではオーディブルが頭に入らないでよくある質問を解説します。

オーディブルはどのような人に向いていますか?

オーディブルは、忙しい日常の中でも読書を楽しみたい人や、耳からの情報収集が得意な人に向いています。

通勤時間や家事、運動中など、手が空いていない時間でも読書を続けることができるため、効率的に時間を使いたい方に最適です。

また、長時間の読書が難しい方にも、聴く読書としてオーディブルは有用です。

関連:【見分け方】Audibleの向き不向きの特徴を徹底解説!

オーディブルは月に何冊聴けますか?

オーディブルで月に何冊聴けるかは、個人の聴取ペースや再生速度に依存します。

一般的には、1.5倍速で聴くと1冊あたりの時間を短縮でき、月に3〜5冊程度聴くことが可能です。

ただし、内容の難易度や個々のライフスタイル、聴取可能な時間にもよるため、必ずしも一定の冊数が保証されるわけではありません。

自分のペースで無理なく聴くことが大切です。

オーディブルの定額プランを利用すると、効率的に複数の本を聴くことができます。

オーディブルをやめたいのですが、どうすればいいですか?

オーディブルのサービスを解約したい場合は、ウェブサイトやアプリから手続きが可能です。

オーディブルの公式サイトにログインし、アカウント設定の「メンバーシップとサブスクリプション」から解約手続きを進めます。

手順に従って進むと、簡単に解約が完了します。解約後も、購入済みのオーディオブックは引き続き聴くことができるため、安心して手続きを行ってください。

関連:Audibleの無料体験を解約する方法【罰金なし?】

オーディブルは全部聴き放題ですか?

オーディブルの基本プランでは、全てのオーディオブックが聴き放題です。

特定の作品については追加費用なしで楽しむことができます。

聴き放題の作品リストは随時更新されるため、興味のある本が含まれているか確認するのがおすすめです。

オーディブル頭に入らない まとめ

「オーディブルを聴いても内容が頭に入らない…」と感じていませんか?実は、聴く読書に慣れていなかったり、集中力の問題、多タスクの影響などが原因かもしれません。

しかし、少しの工夫でオーディブルを効果的に活用できます。

まず、興味のあるコンテンツを選びましょう。

興味のない内容では集中力が続かず、理解が難しくなります。

また、再生速度を自分に合った速さに調整することで、聴きやすくなります。

クリップやブックマーク機能を活用し、重要な部分を後で振り返るのも効果的です。

さらに、聴くときはシングルタスクに集中することが大切です。

家事や運動中、通勤時間など、他の作業と組み合わせる場合でも、なるべく聴くことに意識を向けましょう。

繰り返し聴く習慣をつけることで、内容の理解が深まります。

オーディブルを最大限に活用するために、これらの方法を試してみてください。忙しい日常の中でも、効率的に知識を取り入れ、充実した読書体験を楽しみましょう。

今なら初回登録で30日間無料!

公式サイトはこちら

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択しブラウザで開きましょう。アプリからは登録できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実体験を元にユーザーにガジェットとAmazonサービスの素晴らしさを届けるゆるミニマリストブロガー。おかげさまで月間最大10万PV。 Apple製品とAmazonが大好です。10割在宅勤務のためデスク環境にはかなりのこだわりがあります。