【最新】Prime Student無料体験ができる支払い方法4選+2

  • PrimeStudentの支払い方法を知りたい
  • Amazonギフト券を使っての支払い方法もしれたらうれしい

といった悩みを解決します。

Prime Student無料体験ができる支払い方法4選+2

▼PrimeStudentで使うことができる支払い方法は以下のとおりです。

無料体験が可能

  • キャリア決済
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • au WALLETプリペイドカード

クレジットカードの登録で無料体験ができる

  • Amazonギフト券

支払い方法として設定できない(現在(2021/06/06))

  • バンドルカード

それではそれぞれ詳しく解説をしていきます。

【キャリア決済】大手キャリアなら誰でも使える!

キャリア決済とは、携帯電話を使用してお金を支払う方法のことを指します。

▼キャリア決済ができるのは以下のとおりです。

  • ドコモ支払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイル

上記の3つ(ドコモ,au.ソフトバンク)の大手キャリアのみが使用できます。

また、大手キャリア以外としてはワイモバイルが使用できるようです。

大手キャリアなら、親が支払いをしていても問題なくPrimeStudentに加入することが可能です。

また、prime studentは初回の6ヶ月間は無料なので、支払い方法としてキャリア決済を設定しても6ヶ月後まではお金はかかりません。

【クレジットカード】親の承諾があればそれを使ってもOK

続いておすすめするのは、クレジットカードです。

とはいえ、大学生でクレジットカードを持っている方も少ないのではないでしょうか。

しかし、PrimeStudentの支払いは親の同意があれば、親のクレジットカードを使用しても問題ないです。

また、始めの6ヶ月間はPrimeStudentは無料です。

そのため、支払いが始まるのは6ヶ月後になります。

その6ヶ月後に自分に合わなければ、PrimeStudentを解約してしまえば、かかるお金は0円です。

また、PrimeStudentは年額で2450円、月額で250円のため年額あれば、親に2450円を渡しておけば問題はないでしょう。

【デビットカード】簡単に作ることができる

大学の進学に合わせて、新しく銀行口座を開拓した方もいるのではないでしょうか?

銀行口座を開拓する際に、デビットカードも合わせて作ることが可能です。

逆に、銀行口座を開拓後にデビットカードを作ることも可能です。

デビットカードとは、銀行口座の残高からお金が引き落とされる仕組みです。

デビットカードの最大の特徴は、使いすぎることがない点です。

口座に入っている分だけしか使えないので、マイナスになることはないでしょう。

【au WELLET】&プリペイドカード

PrimeStudentの公式サイトには、au WELLETが使用可能という風に書かれています。

ところが、実は様々なプリペイドカードの仕様が可能です。

▼PrimeStudentで使うことが可能な支払い方法は以下のとおりです。

  • au WALLET
  • Vプリカ
  • LINE Payカード
  • Kyashカード
  • dカード
  • ソフトバンクカード

プリペイドカードはチャージが必要ですが、一度チャージしてしまえばその額を使い切るまでは、支払いを行うことが可能です。

ちなみに、執筆者はLINE PayカードでAmazon系の支払いを行っています。

プリペイドカードは簡単に作れますし、審査などがないので審査を受けたりするのがめんどくさい方はおすすめです。

【Amazonギフト券】無料体験は出来ない

Amazonギフト券で無料体験をしたい場合は、「クレジットカード/デビットカード/プリペイドカード/キャリア決済」を登録する必要があるようです。

有効なクレジットカードをAmazonアカウントに登録した後に、PrimeStudentの支払いとしてAmazonギフト券を設定しましょう。

一番オススメなのは、キャリア決済または親のクレジットカードを登録させていただいて、お金の支払は自分でAmazonギフト券を購入して支払うことです。

そうすれば、親に迷惑をかけることもないので安心です。

【バンドルカード】無料体験は出来ない

知恵袋などをみるかぎり、バンドルカードは現在(2021/06/06)使用できないようです。

以前まではクレジットカードのように使えていたらしいですが、Amazon側のチェックが非常に厳しくなっているようです。

そのため、バンドルカード以外の支払い方法を使ってみましょう。

そのため、バンドルカードの使用を考えていた方は、クレジットカード、携帯決済、デビットカードを使用するようにしましょう。

とはいえ、いつAmazon側の審査が変わるかわかりません。

現在はエラーが出るようですが、今後またバンドルカードが使えるようになる可能性は十分にあります。


登録方法について詳しく知りたい方

こちらの、【すぐできる】Prime Student(Amazon学生)の登録方法まとめを参考にしてみてください。

Prime Studentのよくある質問まとめ

それでは、最後にPrimeStudentのよくある質問を回答していきます。

クレジットカードがない場合はどうしたら良いの?

クレジットカードがない学生さんの場合は、デビットカード、プリペイドカード、キャリア決済を使用してください。

とはいえ、親の承諾があれば親のクレジットカードも使用することが可能です。

基本的には、キャリア決済がおすすめですね。

なぜなら、キャリア決済ならプリペイドカードやデビットカードのようにカードを作成したり、審査に書類を出したりする必要がないからです。

親が携帯代を払っている場合はどうなるの?

結論、支払いをしているのは自分ではくてもOKです。

なので、親かりに携帯代を払っていて、あなたがPrimeStudentに加入したとしても、しっかりとあなたのアカウントがprime studentに加入されます。

とはいえ、ここで重要なのが親権者のものを使用しないと規約違反になる点です。

どういうことかというと、偽親権者の名義の携帯電話を支払い方法にすると違反になります。

偽親権者とは、あなたのお父さんやお母さん以外の方です。

つまり、友達や、恋人さんの携帯電話を使うとアウトということですね。

Prime Studentの対象学生とは?

▼PrimeStudentの対象学生は以下のとおりです。

  • 専門学生
  • 高等専門学生
  • 大学生
  • 大学院生
  • 短期大学生
  • 上記の学校に合格通知をもらった高校生

そのため、小学生、中学生、高校生(例外あり)はPrimeStudentの対象外になります。

Studentなのに、大学生のみの対象もあれですね、、

小中高生がPrimeStudentに加入しようとすると、一般会員に入ることになります。

Prime Studentの支払いがエラーになる場合

▼PrimeStudentの登録がエラーになる場合は以下の方法を試してみてください。

  • ブラウザからAmazonPrime Student公式にアクセスする
    • 上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択
  • 決済情報の打ち間違い
  • キャリア決済の場合はWi-fiを切る

上記の方法でエラーを解消することが可能です。

更に詳しく知りたい方は、【結論:ブラウザから】Amazon Prime Studentが登録できない場合の対処方法まとめを参考にしてみてください。

まとめ|Prime Studentおすすめの支払い方法はキャリア決済

本記事は「【最新】Prime Student無料体験ができる支払い方法4選+2」について書きました。

PrimeStudentのおすすめの支払い方法はキャリア決済です。

キャリア決済なら、クレカやデビットカードなどを作成せずにすぐにPrimeStudentに加入することが可能です。

関連記事:【すぐできる】Prime Student(Amazon学生)の登録方法まとめ

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA