Webデザイナーは食べていけない?食べていく方法や年収などを紹介【結論:食べれますよ】

Webデザイナーは食べていけないのか知りたい人「Webデザイナーに興味があるんだけど、Webデザイナーって食べていけるの?食べていく方法や年収などを紹介して欲しい!」

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです!

“本記事の想定読書”

・Webデザイナーは食べていけるのか

・Webデザイナーとして食べていく方法

・Webデザイナーの年収

・Webデザイナーの将来性

“マキ”
初めまして!大学生フリーランスWebデザイナーのマキです!

 

今回は、「Webデザイナーは食べていけない?食べていく方法や年収などを紹介【結論:食べていけますよ】」について詳しく解説していこうと思います。

 

 

Webデザイナーは食べていけない?食べていく方法や年収などを紹介【結論:食べていけますよ】

Webデザイナーは食べていけない?食べていく方法や年収などを紹介【結論:食べていけますよ】

Webデザイナーで食べていく事は難しいと言われていますが、実際は食べていく事は可能になっています。

今回はWebデザイナーとして食べていく方法や、食べていける理由なども簡単に説明していこうと思います。

 

Webデザイナーとして食べていく方法

Webデザイナーとして食べていく方法

最近では、就職しながらの、かたわらでフリーランスも行う事がおすすめになっているのではないでしょうか。

 

webデザイナーの給料は平均給料が30万から40万円といわれています。

また、フリーランスになってくると、年収1000万円になる事もあるといわれています。

一番のお薦めはWebデザイナーとして就職しながらフリーランスのサイトにも、登録しつつお仕事を開始していく事かもしれません。

 

Webディレクターになると年収が上がります【ディレクターの年収・メリット】

Webディレクターとは、Web業界において、プロジェクトを「監視」「指揮」「管理」する人の事を言います。

 

具体的なWebディレクターの役割

・Web制作に関わったスタッフをまとめる

・クライアントの要望にあったコンテンツを作る

 

プロジェクトの進行管理を始めとするWebコンテンツ制作の責任者がWebディレクターと言えるでしょう。

 

●Webディレクター、Webプロデューサーの平均年収は451万円と言われています

 

クリエイティブ系職種は、スキルや経験が重要視される事が多い一方で、マネジメント経験。

また技術的スキルを持つWebディレクターであれば、高い年収を得られる可能性があるのが特徴になっています。

 

実力主義であるWeb業界では、意欲があればある程、キャリアアップ出来るみたいです。

副業のWebディレクターになってくると、お仕事案件や期間事に契約を行う為、自分で仕事を選ぶ事が出来るのが大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

フリーランスのWebディレクターならかなり稼げる

 

フリーランスのWebディレクターであれば、年収は1000万円以上が可能になっています。

 

仕事時間は週5勤務にはなりますが、自分で好きに週休2日が取れるのもフリーランスWebディレクターのメリットと言えるでしょう。

 

フリーランスのWebディレクターになって年収1000万円稼ぐには、もちろん仕事や経験スキル、業務範囲なども必要になってきます。

フリーランスを選ぶのであれば、在宅で稼げる大手企業や中小企業と在宅を結んでくれる在宅サイトなどに登録するのがおすすめ。

 

Webデザイナー未経験フリーランスなり方【現役Webデザイナーが回答!】

2020年5月27日

 

 

Webデザイン+SEOなどの知識をつけて付加価値上がる

食べていけるWebデザイナーになるためには、Webデザイン+SEOの知識があるといいでしょう。

 

SEOとは、検索エンジン最適化のことで、検索結果の上位にサイトを表示させるための技術のことを指します。

 

●Webデザインで作成したものは、Web上に公開されます

Web上に公開されたものだと、検索した時に上位に表示された方が多くの方にホームページを見てくれやすくなります。

 

SEOの知識を使って、Webデザインをすることで他のWebデザイナーと差別化することができるので食べていけることが可能になります

 

Webデザイナーの年収【20年代,30…】

Webデザイナーの年収【20年代,30...】

それでは簡単に、Webデザイナーの年収について紹介していきます。

 

Webデザイナー20代からの年収とは?

 

20代 208万円から312万円
30代 208万円から312万円
40代 270万円から392万円
50代 307万円から417万円。
60代 184万円から417万円
中小企業 336万円
小企業 184万円から417万円

 

Webデザイン業界は将来性がありますよ

Webデザイナーになって何といっても特するのが「手に職を身に付けられる」事でしょう。

 

一般のWebデザイナーの会社に就職しながらフリーランスになる事もお薦めといえます。

 

フリーランスになってくると、お仕事の範囲やスキルでお金は変わってきますが年収1000万円の副業も夢ではありません。

 

●また、独立なども出来る為、将来性でいえばかなりいいといえるでしょう。
Web業界は、ますます拡大しており、それに伴ってWebデザイナーの需要も高まっています。

 

関連記事:Webデザイナーに将来性は無い!?【結論:将来性は高いです】

 

Webデザイナーは、勤める会社によっては、デザイン意外にプログラミングや文字コンテンツ制作にも携わる可能性があるようです。

 

複雑なプログラミングはプログラマーに、Webサイト内の文章の執筆は、ライターに任せる事が一般的と言われていますが、これらのスキルも併せて身に着ける事が出来れば、さらに重宝される人材へと成長する事も可能です。

 

まとめ:Webデザイナーは食べていけない?食べていく方法や年収などを紹介【結論:食べれますよ】

Webデザイナーの年収は契約形態などにより大きく変わってきますが、平均的な年収は300万円から400万円程度だと言われています。

JavaScriptなどの動きを取り入れるプログラミング技術や、SEO対策などの技術を理解する事で年収は増えると言われています

 

さらに、Webデザイナーとしての経験を積む、将来的にはWebディレクターへとスキルアップすることがおすすめ

 

Webディレクターや、Webプロデューサーへ転身した場合は年収も大幅に変わる為、お薦めの職業と言えるでしょう。

 

 

 

 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です