充電器が熱い!寿命なの?充電できない時の対処方法など

最近スマホの充電器がやたら熱い、これって寿命なの?それともスマホ本体の故障なのか?

充電器が熱くなりすぎて、ケーブルが変形してしまたった。。

 

スマホを充電していると、充電器が熱くなる充電した後も温度がなかなか下がらない場合ってどうしたらいいの?

またなぜ熱くなるかも知りたい

 

ついでに熱くならない安全な充電器を知りたい。

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです。

 

はじめまして。

フリーランスエンジニア・ガジェット系ブロガーのマキです。

“maki”

スマホを充電していると充電器が熱くなることがありますよね。

今回は、充電器が熱くなってしまう原因や、熱くなってしまうのは寿命のせいなのかなどを詳しく解説していきます。

また、熱くならないよにするためにはどうしたらいいのか、熱くならない安全な充電器などを紹介していこうと思います。

 

故障した充電器や安物の充電器を使用している場合は、最悪火災に発展する場合があるので注意が必要です。

 

本記事の内容

・充電器が熱い、寿命なのか?

・充電器が熱い、充電できない時の対処法

・熱くなりにくい安全なおすすめな充電器

充電器が熱い、寿命なのか?

充電器が熱い、寿命なのか?

それでは、充電器が熱い場合はもう寿命がきているのかを紹介していこうと思います。

 

そもそも充電器は熱くなるもの

そもそも充電器は熱くなるものです。

なぜなら、充電器は電気をスマホなどに送っているからです。そこで発生した電気熱で充電器本体も熱くなってしまいます。

“maki”

充電器を使用してスマホを充電していて、全く熱くないということはありません。

多少は充電器は熱を持つものです。

しかし前回、充電器を触った時は熱くなかったのに今回は熱くなったという場合がは寿命が近いのかもしれません。

この場合考えられるのは、充電器の故障or寿命を疑うべきでしょう。

 

とりあえず、充電器が熱いから故障だ寿命だと考えることは間違っています。

充電器は熱くなるものなのです。

 

前回と比べてかなり熱いなら、寿命が近い

前回と比べてかなり熱いなら、寿命が近い

前回充電している時に充電器を触ってもそこまで熱くなかったのに、今回スマホを充電しているときに充電器を触ってみるとものすごく熱いという場合は充電器の寿命がきている場合があります。

 

なぜなら、家電製品は使っているうちに導線が古くなってしまいうまく電流を流せなくなる場合があるからです。

うまく電流を流せないと、電気を流せていないところに電流が集中して熱が発生してしまいます。

 

そうなるともうその充電器は使わないほうが賢明です、いつショートして発火してもおかしくないからです。

 

一度その充電器が、変形や異音が聞こえないかを確認しましょう。

 

異音が発生していなくても、導線が古くてうまく電気を流せていない場合があります

そいう時は思いきって新しい充電器を買うことをおすすめします。

 

 

充電器が熱い、充電できない時の対処法

充電器が熱い、充電できない時の対処法

充電器が熱くて、充電できない時の対処法を紹介していきます。

 

休み休み充電する

まず、熱い時は一度充電するを中断しましょう。

 

“maki”

最近の充電器の場合は、熱くなると自動で充電を停止させる過熱防止システムが組み込まれているものがあります。

その過熱防止システムが組み込まれているものの場合や、そのほかの充電器でもあつくなったら一旦充電することを中断しましょう。

 

いったん充電器を冷ましてもすぐに熱くなって充電できなくなる場合は、その充電器は故障or寿命がきています。

その場合は、新しく安心防護機能がついている熱くなりにくく安全な充電器を購入することをおすすめます。

 

夜に熱い充電器でそのまま朝まで充電すると、最悪の場合発火する可能性があるので充分気をつけましょう。

また熱いままの充電器でスマホなどのデバイスを充電していると、スマホのバッテリーが劣化する場合があるのでそこも注意が必要です。

 

充電器を差し込む所にホコリが溜まっていないか

充電器を差し込む所にホコリが溜まっていないか

充電器が熱くなってしまう原因として、充電器のコンセント部分にホコリが溜まっているということがあります。

 

“maki”

ホコリのせいで熱くなってしまう!

コンセントにホコリが溜まっている場合、ホコリに電流が集中して流れて熱くなってしまったり

ホコリがあるせいで、充電器にうまく電流が流れなくなり、充電器に電流が溜まって熱くなってしまうという場合があります。

その場合は、爪楊枝や綿棒などでコンセントに付着しているホコリを取り除くようにしましょう。

 

そのほかには、充電器のコンセントにゴミや傷がある場合は上記と同じ理由で充電器が熱くなってしまいます。

コンセント部分に傷がある場合は、新しいものを購入しましょう。

 

また初歩的なことですが、充電器のコンセントはきちんと差し込むようにしましょう。

 

熱くなりにくい安全なおすすめな充電器

故障している場合や、安物の充電器を使用している場合は、保護システムを搭載している新しい充電器を購入するようにしましょう。

Anker PowerPort 2 Elite (USB 充電器 24W 2ポート)

多重保護システムがあるので自動で、温度管理をしてくれる!

こちらの充電器は、多重保護システムがあるので自動で充電器本体の温度管理をしてくれます。

万が1充電器が熱くなって自動で充電を止めてくれるので、安心して充電器を使用することが可能です!

また、出力が24Wもあるのでスマートフォンを10Wの充電器の2.4倍の速さで充電することが可能なのも魅力ですね!

 

RAVPower USB 充電器 2ポート 24W

充電保護システム搭載で、過剰充電と過剰放電、過熱による損害を防いでくれる!

こちらの充電器は、充電保護システムより、過充電、過放電、過熱またはショートによる損害を避けて、スマホと充電器本体の安全をしっかり守ります。

またコンパクトなデザインなので邪魔にならないのも魅力的ですね。出力も24Wあるのでかなり速い速度でスマホを充電することが可能です。

アマゾンの評価数はなんと3,804で星は4.3

 

Anker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー 搭載 USB充電器 5000mAh)

モバイルバッテリーと充電器が一体になった充電器!&多重保護シムテム搭載!

こちらら珍しい、モバイルバッテリーと充電器が一体になった商品です。

1台で充電器としての役割と、モバイルバッテリーの役割を果たしてくれます。

モバイルバッテリーの容量は5000mAhなのでほぼ全てのスマホを1.5回以上充電することができます。

もちろん、多重保護システムを搭載しているので充電器が熱くなることを防いでくれます。

 

充電器が熱い!寿命なの?充電できない時の対処方法など:まとめ

充電器が熱い!寿命なの?充電できない時の対処方法など:まとめ

本記事は「充電器が熱い!寿命なの?充電できない時の対処方法など」について書きました。

 

いかがだったでしょうか

充電器が熱くなる理由や、熱くなった時の対処法、熱くならない安全な充電器がわかりましたか?

ぜひ熱くならない安全な充電器を購入してみてください!

 

ではでは

 

 

 

 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA