ブログで稼げるサイトを作るには?【結論:サイト設計をするべし】

ブログサイトで稼ぎたいけどサイト設計が分からない人「ブログで稼ぎたいけどどうやってサイト設計をしたらいいんだろう、簡単に解説してもらいたいです。」

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです!

“本記事の内容”

・稼げるブログのサイト設計とは?

・ブログで稼げるサイトを作る【サイト設計の仕方を解説】

“マキ”

初めまして!ブログで月間5万円ほど稼いでいる大学生ブロガーのマキ(@tamako_2525)です。

 

ブログで効率的に稼ぐためには、サイト設計は必須です。

 

僕がブログを始めた当初は全く、サイト設計をせずに70記事ほど無駄な記事を書いてしまいました。

 

この記事を読んでいるあなたには、僕のような失敗はして欲しくないのでしっかりとサイト設計をして欲しいので今回解説していきます。

稼げるブログのサイト設計とは?

稼げるブログのサイト設計とは?

それでは稼げるブログのサイト設計をするための、基本的ことから紹介していきます。

 

紹介するのは以下の3つです。

・そもそもサイト設計とは何?
・サイト設計のメリット
・サイト設計をする4つのポイント

上記を詳しく解説していきます。

そもそもサイト設計とは何?

サイト設計とは、サイトのテーマを決めて、どのような記事をサイト内に入れていくのかを事前に決めて設計しておくことを指します。

 

サイト設計を行えば、無駄な記事を書かずに済むので効率的にブログで稼ぐことが可能になります。

 

サイト設計を上手くするためには、ある適度の実戦経験が必要ですが

“マキ”

基礎を学べば、上手くサイト設計が可能になります!

 

サイト設計のメリット

サイト設計をするメリットは以下の4つです。

その①:Googleの評価が上がる

その②:ユーザアビリティが上がる

その③:メンテナンスしやすくなる

その④:専門性が高まる

簡単に解説していきます。

 

その①:Googleの評価が上がる

サイト設計をすることで、Googleのロボットが巡回しやすくなります。

結果的に、Googleの評価が上がり上位表示を狙えるようになります。

 

その②:ユーザアビリティが上がる

サイト設計をすることで、ユーザーが知りたい情報を網羅的に記事にすることができます。

その結果、ユーザーのアビリティが上がります。

 

その③:メンテナンスしやすくなる

サイト設計をすることで、メンテナンスしやすくなります。

なぜなら、サイト設計をきちんとすることで一部の記事だけをメンテナンスすればいいからです。

 

サイト設計をしていないと、全ての記事を直さなくてはいけない場合や内容が若干被っている場合などが生まれてくるの、メンテナンスが大変です。

 

その④:専門性が高まる

サイト設計をすることで、専門性が高まります。

なぜなら、サイト設計をすることでそのカテゴリーについて網羅的に記事を書くのでサイトの専門性が上がります。

 

サイトの専門性ががると、ユーザーアビリティとグーグルの評価があります。

“マキ”

サイト設計は様々なメリットがあるので、しっかりと学びましょう

 

 

 

稼げるブログのサイト設計とは?

稼げるブログのサイト設計とは?

この章では、サイト設計をする4つのポイントを詳しく解説していきます。

 

サイト設計を作る4つのポイント

それでは、サイト設計を作る4つのポイントを簡単に紹介していきます。

その①:ブログを通じて達成したいことの設定

その②:キーワード選定

その③:カテゴリーを作成する

その④:集客記事と収益記事を作る

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

 

その①:ブログを通じて達成したいことの設定

その①:ブログを通じて達成したいことの設定

まずはじめに、決めることはブログを通じて何を達成したいかを決める必要があります。

 

達成したいことの例

・ブログを通じてアフィリエイト商品を売る

 

アフィリエイトの商材を決める方法は、売れやすいアフィリエイト商材の選び方を徹底解説を参考にしてください。

 

その②:キーワード選定

その②:キーワード選定

続いては、アフィリエイトで売る商品を決めたら、その商品が売れそうなキーワードを30個ほど選定していきます。

 

キーワード選定ですること

①:アフィリエイト商材を売るために必要な情報を決める

②:サイトを作る上で必要なキーワードを選出する

③:上位表示できそうなキーワードのみを選ぶ

それでは詳しく解説していきます。

 

①:アフィリエイト商材を売るために必要な情報を決める

まずは、アフィリエイト商材を売るために必要な情報を決めましょう。

 

例:〇〇サービス

①:〇〇サービスとは

②:〇〇サービスできること

③:〇〇サービス会費は?

④:〇〇サービスの支払い方法

⑤:〇〇サービスの体験談・レビュー

⑥:〇〇サービスの解約方法

⑦:〇〇サービス他サービスとの違い

⑧:〇〇サービスの使い方

 

必要なキーワードは以下のものでしょう。

・とは

・できること

・会費

・入会方法まとめ

・体験談・レビュー

・解約方法

・比較

・まとめ

・おすすめ

 

アフィリエイト商品を売るために必要なキーワードを選定しましょう。

 

②:サイトを作る上で必要なキーワードを選出する

アフィリエイト商品に関するキーワードを選びつつ、必要最低限のキーワードを選びましょう。

 

キーワード選定は、やれば無限に出てくるので10個ほど必要な情報をまとめましょう。

 

③:上位表示できそうなキーワードのみを選ぶ

必要なキーワードを選んだら、上位表示できそうなキーワードのみを選びましょう。

 

具体的には、「〇〇レビュー」よりも「〇〇感想」の方が競合が少ないので上位表示が可能になります。

 

上記の感じで検索意図は同じなのに対し、競合が少ないキーワードがあるのでそちらのキーワードを選ぶようにしましょう。

 

その③:カテゴリーを作成する

その③:カテゴリーを作成する

続いて必要ならカテゴリーを作っていきましょう。

 

映画の紹介サイトの例

カテゴリーの下に、必要な記事を書いていきます。

アクション映画のカテゴリーには、おすすめのアクション映画「〇〇アクション」などの記事を入れていきます。

 

プログラミングスクールの場合

プログラミングスクールの場合は、おすすめスクールから口コミまでの情報を載せる事で、ユーザーがサイトの専門性が高いと評価してくれます。

 

カテゴリーの中には10~20記事ほど記事を入れる

カテゴリーの中には、10~20記事ほどの記事を入れるようにしましょう。

 

どんな小さなことでもいいので、自分が選んだアフィエイト商材に関する情報入れておきましょう。

 

その④:集客記事と収益記事を作る

その④:集客記事と収益記事を作る

最後に、集客記事と収益記事を書いていきましょう。

 

まずは、集客記事を書きます。

 

集客記事を書きつつ、最後に収益記事を書いていきましょう。

 

集客記事=知りたいキーワード

集客記事とは、ユーザーが知りたいと思うキーワードのことを指します。

 

具体的には、『プログラミングスクールメリット』『プログラミング初心者ほどやって学ぶのがいいのか」など

アフィリエイト商品とは、結びつかない記事を集客記事をいいます。

 

集客記事は、競合が少なく集客しやすいのでおすすめ。

集客して、収益記事に流す役割を持っています。

 

収益記事=したいキーワード

収益記事とは、したいキーワードのことを指します。

 

具体的には、『プログラミングスクールに通いたい』『健康になる商品を買いたい』『おすすめのアクション映画を見るためにサービスに登録したい』など

 

記事的には

『おすすめプログラミングスクール』

『おすすめ医療脱毛クリニック』

『〇〇サービスレビュー』

・etc

 

収益記事は収益には繋がりやすいですが、競合が多くなかなか上位表示が難しいですが、集客記事とセットにすることで流入が狙えます。

 

収益記事:集客記事=3:7

記事の比率は『収益記事:集客記事=3:7』で行うのがベストです。

 

収益記事ばかりだと、読者が不信感を抱きます。

また、収益記事ばかりでは集客が難しいです。

 

“マキ”

集客ができれば、収益化は簡単なのでまずは、集客をすることを目指そう!

 

まとめ:ブログで稼ぐならサイト設計は必須

本記事は「ブログで稼げるサイトを作る【サイト設計の仕方を解説】」について書きました。

 

結論。ブログで稼ぐならサイト設計は必須です。

 

サイト設計をする前に、なんの商品を売るのかをしっかり決める必要があります。

 

アフィリエイトの商材を決める方法は、売れやすいアフィリエイト商材の選び方を徹底解説を参考にしてください。

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA