MacBookの動画編集に必要なメモリはどれくらいなのか?【動画編集が趣味の僕が徹底解説】

MacBookで動画編集しようとしているんだけど、メモリってどれくらい必要なのかを教えて欲しいです。

ついでに、メモリがなくても動画編集する方法も知れたら嬉しいかも

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです。

“本記事の内容”

・人によってメモリの必要GBは変わってくる

・動画編集において必要なメモリを解説

“maki”

初めまして!動画編集が趣味のガジェット系ブロガーのMaki(マキ)です!

今回は、MacBookで動画編集する場合どのくらいのメモリが必要なのか

初心者でもわかりやすく説明していきます!

MacBookの動画編集に必要なメモリはどれくらいなのか?【動画編集が趣味の僕が徹底解説】

MacBookで動画編集する場合に必要なメモリはどれくらいなのかを、動画編集が趣味の僕が徹底解説
“maki”

結論、あなたがどのくらいの動画編集をするのか、動画編集ソフトを使用するのかで必要なメモリは変わってくる

自分がやろうとする動画編集によってMacBookのメモリは変わる

動画編集において確実にこれだと言えるメモリはありません。

 

しかし、あなたがどのような動画編集をするかによって必要なメモリは変わってきます。

がっつり動画編集 軽く動画編集
16GBor32GB 8GB

 

がっつり動画編集したい場合には、オススメのメモリ数は16GBか32GBです。

がっつり動画編集する場合には、重たい素材などを使うためそれなりにメモリは必要です。

 

軽めの動画編集をしたい場合には、メモリは8GBで大丈夫でしょう。

軽めの動画編集ならそこまで重たい動画編集はしないので、メモリはそこまで必要ないでしょう。

 

詳しくは下記で説明いたします。

そもそも動画編集におけるメモリってなんなの!?

そもそも動画編集におけるメモリとはなんなのでしょうか

 

ずばりメモリとは

MacBookが動画編集をしてい時に処理すべきデータを保存する場所のことです。

 

つまり、重たい4Kの素材や、エフェクトを大量にしようしてしまったり、長編の動画を作っているとそれを処理している間に多くのデータを保存する必要があります。

 

そのため、重たい作業には16GBなどの多めメモリが必要ということです。

 

 

逆にカットやSD素材などなら、そこまで処理データがないので少ないメモリでも動画編集できるということですね!

 

 

 

MacBookのメモリごとにでできる動画編集について

MacBookのメモリごとにでできる動画編集について

それでは、簡単にメモリごとにできる動画編集を表を用いて説明していきます。

 

メモリごとにできる動画編集

メモリ 説明
8GB フルHDの動画編集が可能
16GB 複雑なフルHD動画編集ができる

簡単な4Kの動画編集

32GB 4K動画編集

簡単な3DCG映像の編集

64GB 4K

3DCG

メモリごとにできることが限られています。

複雑な動画編集や重たい素材を使うためには、16GB〜のメモリが必要でしょう

 

 

がっつり動画編集とは

先ほどがっつり動画編集するためには、16GBor32GBが必要だと言いました

具体的にがっつり動画編集って何!?

“maki”

がっつり動画編集とは

・エフェクトを多用する

・テロップを自分で作る

・4Kなどの重たい素材を使う

・長い動画を作る

・etcの重たい動画編集

という感じです!

上記のような方は16GBor32GBにMacBookをカスタマイズしましょう

 

エフェクトなどを多用したり、長い動画を作ってしまうとどうしてもメモリが必要なのでそれなりにメモリをアップグレードする必要があります。

ちなみに、32GBにカスタマイズできるのはPro16インチだけです。

 

軽めの動画編集とは

軽めの動画編集でありましたら、メモリは8GBでも大丈夫でしょう

まぁまl動画編集って具体的にどんなこと?

“maki”

軽い動画編集っているのは

・エフェクトをそんなに多用しない

・テロップを入れる

・そこまで重たくない素材を使う(SD,HD素材)

・カット編集

・30分前後の軽い動画

・etcの軽い動画編集

のことだよ!

軽めの動画編集ならメモリは8GBでもおkです。

 

カットやトリミングなどの簡単な動画編集ならメモリはそこまで使いません。

使用する動画編集ソフトでも必要なメモリは変わってくる

動画編集するためには、当たり前ですが動画編集ソフトが必要です。

 

その動画編集ソフトによっても、メモリが必要なものなどもあるので注意が必要です

 

 

16or32GBのメモリで動画編集する人は、【これ読めばおk】MacBook Proおすすめの動画編集ソフトを動画編集が大好きな僕が紹介!を参考にしてください

 

8GBで動画編集するなら軽めのソフトを使用する必要があるので、MacBook Airでも使えるおすすめの動画編集ソフト【無料・有料】を参考にしてください!

 

MacBookの動画編集に必要なメモリはどれくらいなのか?【動画編集が趣味の僕が徹底解説】:まとめ

MacBookで動画編集する場合に必要なメモリはどれくらいなのかを、動画編集が趣味の僕が徹底解説:まとめ

本記事は「MacBookで動画編集する場合に必要なメモリはどれくらいなのかを、動画編集が趣味の僕が徹底解説」について書きました。

 

それでは最後に記事のポイントをまとめます。

自分がやろうとする動画編集によってMacBookのメモリは変わる

がっつり動画編集 軽く動画編集
16GBor32GB 8GB

 

ではでは以上で記事は終わります!

 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA