iPadをノート代わりにするならどの容量が最適?選び方と注意点

iPadノート代わり容量は記事のサムネイル画像

iPadをノート代わりにする際には、適切な容量の選択が必須になります。

この記事では、ノート代わりにiPadを使用する場合の適切な容量の選び方と注意点を詳しく解説します。

まずは自身の使用スタイルや必要なデータ容量を把握しましょう。

また、容量が不足した場合の対象方法やデータ整理方法についても具体的に紹介するので、是非参考にしていただけ幸いです。

iPadをノート代わりにするならどの容量が最適?

それでは、さっそく詳しく解説していきます。

この章の内容は以下のとおりです。

iPadをノート代わりにするなら256GBあれば十分

もし容量が足りなくなったら外付けハードディスクにデータを逃がす

容量が256GBあれば、売却時も高値で売れる

無印iPadWi-Fiモデルが安くておすすめ

それぞれ詳しく解説していきます。

iPadをノート代わりにするなら256GBあれば十分

iPadをノート代わりにする場合は、256GBが適切な容量だと言えます。

大容量のファイルやアプリを使う場合でも、256GBの容量があればストレスなく作業を行うことが可能です。

また、256GBあればクラウドデータを利用せずとも本体データだけで、データ管理が可能になります。

現在のiPadモデル(無印の一番安いモデル)は容量が64GBまたは、256GBしかありません、64GBの場合は最低限の利用しかできなくなるためこの記事ではおすすめしません。

もし容量が足りなくなったら外付けハードディスクにデータを逃がす

もし、256GBでもストレージ容量が足りなくなった場合は、すぐに使わないデータや画像を外付けハードディスクに逃がすようにしましょう

外付けハードディスクは安全にデータを保存することができます。

また、小さな外付けハードディスクなら常時持ち運ぶことができるため、必要なデータを瞬時に取り出すこともできます。

容量が256GBあれば、売却時も高値で売れる

256GBのiPadは、売却時に高値で売れる可能性が非常に高くなります。

256GBiPadは、ちょうどユーザーが欲しい中間の容量です。

また、容量の大きいモデルは一般的に高い値段で取引される傾向があり、将来的な価値保持も考慮して選ぶことが可能です。

無印iPadWi-Fiモデルが安くておすすめ

無印(airやProモデルでないもの)のiPadWi-Fiモデルは、手頃な価格帯ながらも優れた性能を持っているiPadになります。

最新のCPUを搭載し、ディスプレイも非常にきれいなためノート作業がはかどります。

Wi-Fiモデルがおすすめな理由は、まず「**Wi-Fi + Cellular」**モデルよりも2万円も安く安価であることです。

さらに、Wi-FiモデルはWi-Fi環境があればネットに接続できる利点があります。

ノートを取る場合はWi-Fiモデルで十分です。

ノート代わりにiPadを使う上での容量にまつわる注意事項

iPadノート代わり容量は記事の注意点見出しの画像

それでは、iPadをノート代わりに使う場合の注意点をいくつか解説していきます。

この章の内容は以下のとおりです。

本体の容量は後から増やせない

iCloudは月額と通信量がかかるのでおすすめしない

現在の無印iPadモデルは64GBまたは、256GBモデルしかない

それぞれ詳しく解説していきます。

本体の容量は後から増やせない

iPadは、本体の容量を後から増やすことができません。

一度購入したiPadの容量は変更できず、内部ストレージの増設や交換は不可能になります。

そのため、容量選びは非常に重要になります。

容量が不足すると、ノートを新しく保存することができなくなります。

とはいえ、256GBあればそのような自体にはなりにくくなっています。

iCloudは月額と通信量がかかるのでおすすめしない

iCloudは月額料金がかかり、通信に制限があるためおすすめできません。

代わりに、外付けハードディスクを利用することで、追加料費用や通信制限の問題を回避することができます。

個々のニーズや予算に合わせて、適切なデータ管理方法を選択しましょう。

現在の無印iPadモデルは64GBまたは、256GBモデルしかない

現在の無印iPadは、64GBまたは256GBの2つの容量モデルしかありません。

64GBは一般的な利用には十分な容量であり、画像や動画、アプリなどを保存するのに適しています。

一方で256GBはより多くのデータを使いたいユーザー(iPadをノート代わりにしたい人)におすすめな容量になります。

iPadをできるだけ安く購入する方法

iPadをAmazonで安く買う記事の買う手順見出しの画像

iPadを安く購入したい場合は、Amazonがおすすめです。

AmazonでiPadを安く買える理由

  1. ギフト券チャージの還元ポイントがある
  2. 購入額に対する還元ポイントがある
  3. 還元ポイントで安くiPadの周辺機器が変える
  4. リアル店舗よりも還元ポイントが多い

AmazonでiPadを安く購入する手順

①購入するiPadを決める

created by Rinker
Apple(アップル)
¥49,800 (2024/06/09 21:14:56時点 Amazon調べ-詳細)

②購入する料金をAmazonギフト券としてチャージする

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥2,000 (2024/06/10 15:38:44時点 Amazon調べ-詳細)

256GBを選択

③実際に購入する

④ペンするも購入する

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,919 (2024/06/10 03:03:11時点 Amazon調べ-詳細)

更に詳しく買い方を知りたい方は、AmazonでiPadを安く買う方法4つを参考にしていただければ幸いです。

ipadをノート代わりにする場合の容量でよくある質問

iPadノート代わり容量は記事のよくある質問見出しの画像

それでは最後にiPadをノート代わりにする場合によくある質問をいくつか解説していきます。

GoodNotesの容量はどれくらい?足りない場合は?

本体のアプリとノートデータを合わせると最大でも20GBほどになります。

足りなくなった場合は、不要なノートを削除するか、使わないデータや画像をiPadないから削除するようにしましょう。

どうしてもデータを削除できない場合は、外付けハードディスクなどにデータを移転するようにしましょう。

勉強用のiPad容量は64GBでも大丈夫?

ノートをメインで取る場合は、64GBでは足りなくなる場合があります。

とはいえ、軽くノートを取ったり、教科書を見る程度であれば64GBあれば十分な場合が多いです。

64GBのiPadを購入する場合は、合わせて外付けハードディスクをこうにゅうして データ管理をしっかり行いましょう。

大学生におすすめなiPadアプリは?

大学生におすすめiPadノートアプリは下記の2つです。

noteshelf

GoodNotes

上記は買い切りのアプリになります。

無料でも優秀なノートアプリはありますが、上記の2つが買い切りかつ非常に優秀なアプリケーションになります。

iPadをノート代わりにする場合のおすすめ容量は256GB

本記事は「iPadをノート代わりにするならどの容量が最適?選び方と注意点」について解説しました。

ノートをメインで撮る場合のおすすめ容量は256GBになります。

AmazonでiPadを安く買う方法4つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実体験を元にユーザーにガジェットとAmazonサービスの素晴らしさを届けるゆるミニマリストブロガー。おかげさまで月間最大10万PV。 Apple製品とAmazonが大好です。10割在宅勤務のためデスク環境にはかなりのこだわりがあります。