Sierでプログラミグできないとどうなるの!?【結論:プログラミングを学びましょう】

Sierになりたいけど、プログラミングできない、、、

Sierでプログラミングができないとどうなるの、、、、

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです

“本記事の内容”

・そもそもSierとは

・Sierでプログラミグできないとどうなるの!?

・プログラミングができない場合の解決策

“maki”

初めまして!フリーランスエンジニア&エンジニアインターンを2回して現場のSierを見たことのあるマキです。

今回は、Sierでプログラミングできないとどうなるのかを簡単に説明していきます。

プログラミングができない場合の解決策も載せておきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

そもそも、Sierとはなんなのか

そもそも、Sierとはなんなのか
Sierとは

システムイングレーターのことを指します。
システム開発などの業務を引き受ける全てこのとです。

Sierの具体的な仕事とは

Sierの仕事は幅が広いです。

具体的には以下のような仕事をする場合があります。

・システム開発の受注
・システム開発のスケジュール管理
・予算管理
・システム設計
・製造・検証
・納品
・運用

・etc

上記以外にもするべきことがある場合があります。

Sierは管理業務がメインで複数のプロジェクトを回すことがあります。

Sierでプログラミグできないとどうなるの!?

Sierでプログラミグできないとどうなるの!?

Sierでプログラミングできないとやばいと思います。

理由は3つあります。

プログラミングができないと見積もりができない

プログラミングができなと転職しにくい

プログラミングについて理解がないとコミュニケーションを取りにくい

それでは一つ一つ詳しく説明していきます。

プログラミングができないと見積もりができない

Sierでプログラミングができなと、見積もりが取りにくいため、使えないやつ呼ばわりされる可能性があります。

 

なぜプログラミングができないと見積もりが甘くなるのか、それはプログラミングについて知っていないと作業量や開発時間がだいたいどれくらいかかるのかが、想像できないからです。

 

例えば、あるプロジェクトで開発をするためにはどれくらいの時間がかかって、どれくらいの人数が必要でそのためにはどれくらいのお金が必要なのかが分からない。

そして、開発の難易度と開発にかかる値段の見積もりと時間の見積もりが甘くなる。

 

そのため、Sierでプログラミングができないと、見積もりが甘くなり使えないやつ呼ばわりされる可能性があります。

 

プログラミングができなと転職しにくい

プログラミングができなと転職しにくい

Sierは基本的にはプログラミングをしません、そのためスキルが身につかず転職が困難になります。

 

なぜなら、プログラミングは自分でコードを書いて初めてスキルになるからです。

また、コード理解できない、見積もりができない状態で仕事をしていても、スキルは伸びにくため自分の市場価値が上がりません。

 

具体的には、プログラミングができてコードの理解、見積もりができるSierの方が市場価値いです。

市場価値が高いということは、転職していいキャリアに進むことが可能です。

プログラミンングの理解がないと、見積もりや管理などのスキルが上がりにくく市場価値が高くなりません。

 

Sierでもプログラミングができるできないで、いいキャリアに進めるか、いいところに転職できかは変わってきます。

 

プログラミングについて理解がないとコミュニケーションが取りにくい

Sierでプログラミングについての理解がないと、コミュニケーションが取りにくいです。

 

なぜなら、クライアントやエンジニアとの技術的な会話がプログラミングの教養がないとできないからです。

具体的には、クライアントとの新しいプロジェクトについて話している時にそれは技術的に可能なのか自社でも行えるのか。難易度が高いため高額になるなどのアドナイスなどができないと、クライアントとの信頼関係を壊してしまいす。

エンジニアとの会話でも、技術的なことがある程度分かっていないとコミュニケーションが円滑に行えず双方の意見の対立などが起こる場合があります。

 

そのため、Sierでプログラミングができないと、コミュニケーションが取りにくくなります。

 

 Sierになりたいorスキルを付けたいならプログラミングを学ぼう

 Sierになりたいorスキルを付けたいならプログラミングを学ぼう

Sierになりたい方や、Sierになった後にでもきちんとキャリアアップしたい方はプログラミンを学びましょう。

プログラミングのスキルがあると転職もできる!

プログラミングの知識があると、Sierに入った後でのスキルの伸びの比率が知識がない人よりも伸びます。

その結果、キャリアアップを狙うことができるのでぜひプログラミングは学ぶべきです。

 

プログラミングを学ぶデメリット

まずはプログラミングのデメリットを知ってから学ぶかどうかを決めるべきです。

デメリット

・学ぶのに時間がかかる

・スクールだとお金がかかる

やはり、プログラミンを学ぶには時間がかかります。

また、プログラミングスクールに通うとどうしてもお金がかかってしまいます。

プログラミングを学ぶメリット

最後にプログラミングのメリットを知って、学ぶかどうかを決めましょう。

メリット

・キャリアップに役立つ(収入の増加)

・Sierとて市場価値が上がる(収入の増加)

プログラミングを学ぶメリットとしては、やはりキャリアアップではないでしょうか

プログラミングができるデイ内では、転職できるできないに関わってきます。

 

プログラミングのスキルを持っていことで、その会社より給料の高い会社に転職することが可能です。

また、Sierとしての市場価値も上がるので一石二鳥でしょう

スクールに通うと短期で素早く学べて時間対効果、費用対効果も抜群

プログラミングを学ぶ場合は、スクールに通うべきでしょう。

なぜなら、スクールだと何を学ぶできなのかが明確になります。

 

何を学ぶかが明確になることで、無駄な時間を使わずに素早くプログラミングを学ぶことが可能です。

また、プログラミングの教材を何冊も買ったり、何時間も独学で学ぶよりもスクールに通うことで費用対効果も上げることが可能です。

 

いきなり有料は怖いと思うので、いったん無料体験をして入るかどうかを決めましょう。

TechAcademyの無料体験 、こちらは無料で体験できるのでいきなり課金するのが怖い人にはオススメです。

 

Sierでプログラミグできないとどうなるの!?【結論:プログラミングを学びましょう】:まとめ

Sierでプログラミグできないとどうなるの!?【結論:プログラミングを学びましょう】:まとめ

本記事は「Sierでプログラミグできないとどうなるの!?【結論:プログラミングを学びましょう】」について書きました。

 

最後に記事の内容をまとめます。

Sierでプログラミグできないとどうなるの!?

プログラミングができないと見積もりができない

プログラミングができなと転職しにくい

プログラミングについて理解がないとコミュニケーションを取りにくい

 

 Sierになりたいorスキルを付けたいならプログラミングを学ぼう

プログラミングを学ぶデメリット

・学ぶのに時間がかかる

・スクールだとお金がかかる

プログラミング を学ぶメリット

・キャリアップに役立つ(収入の増加)

・Sierとて市場価値が上がる(収入の増加)

 

 

とりあえずTechAcademyの無料体験 で無料でプログラミング スクールとはどんなところなのかを確認して、スクールに通うかどうかを決めるべきでしょう。


 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA