Webデザイナーのデメリットとメリットについ【フリーランスWebデザイナーが回答】

Webデザイナーのデメリットとメリットを知りたい人「Webデザイナーになりたいんだけど、デメリットやメリットをしたいです。できれば実際にWebデザイナーとして働いている人の意見を聞きたい!」

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです!

“本記事の内容”

・Webデザイナーのデメリット4選

・Webデザイナーのメリット5選

・Webデザイナー、デメリットとメリットまとめ

“マキ”
初めまして!フリーランスWebデザイナーのマキです。

 

現在この記事を書いている僕は、フリーランスWebデザイナー歴2年ほどです。

今回は、Webデザイナーのデメリットとメリットを詳しく紹介していきます。

 

また先日以下のようなツイートをしました。

Webデザイナーのデメリットとメリットを紹介します

デメリット
経験を積むまでは給料が安い
時間に追われる可能性がある
精神的なダメージが大きい

メリット
専門的な知識を身に着けられる
勤務地や時間は自由に選らぶことが出来る
人間関係に縛られない
自分の目標が立てやすい
高い需要がある

 

それでは詳しく解説していきます。

 

Webデザイナーのデメリットとメリットについ【デメリットを紹介!】

Webデザイナーのデメリットとメリットについ【デメリットを紹介!】

その1:経験を積むまでは給料が安い
その2:時間に追われる可能性がある
その3:精神的なダメージが大きい

 

その①:経験を積むまでは給料が安い

Webデザイナーのデメリットとして給料が安い傾向にある事が挙げられます。

仕事を検討する上で給料面は多くの人が悩むポイントと言えるでしょう。

webデザイナーの年収は、約350万円と言われています。

Webデザイナーとして仕事を始めた頃は、どうしても給料が安くなってしまいます。

ですが、経験を積んでフリーランスとして独立すれば直接的にWebデザイナーの仕事が出来るようになるので年収がアップする傾向にあるようです。

 

その②:時間に追われる可能性がある

Webデザイナーのデメリットの一つに時間に追われる可能性があることが挙げられます。

仕事を受注するとそれぞれ納期が決まってきます。

納期が近くなるとスケジュールがタイトになり時間に追われてしまいがちです。

場合によっては休日も仕事をしなくてはいけないケースも。

スケジュールを細かく決めてタイムマネジメントに気を付けることが大切と言えるでしょう。

 

その③:精神的なダメージが大きい

精神的なダメージが大きい事もWebデザイナーのデメリットと言えるでしょう。

Webデザイナーの仕事はデザインや文言の修正が多く、納品しても納品しても修正が必要な事が多いです。

やっとの思いで完成まで持っていってもクライアントの一言で最初からやり直しなんてことも。

高難易度のデザインを要求してくることもあり、精神的に追い詰められる仕事と言えるでしょう。

私もWebデザイナーをしていましたが、何度もクライアントからの修正が来て、仕事中常にイライラした経験があります。

大変な思いをしつつも小さな楽しさに気付ける人がWebデザイナーには向いていると言えます。

 

Webデザイナーのデメリットとメリットについ【嬉しいメリットを書きます】

Webデザイナーのデメリットとメリットについ【嬉しいメリットを書きます】

その①:Web関係の専門的な知識を身に着けられる
その2:勤務地や時間は自由に選らぶことが出来る
その3:Webデザイナーは、人間関係に縛られない
その4:自分の目標が立てやすくモチベーションを維持しやすい
その5:Webデザイナーは高い需要がある

 

その①:Web関係の専門的な知識を身に着けられる

Webデザイナーの最大のメリットとしては、Web制作の専門的な知識やスキルを身に着けられるという事です。

Webデザイナーは企業のサイトを制作していきますが、その数は一つではありません。
多くのサイトをデザインする事で、専門的な知識を吸収出来ます。

最初は不慣れでも仕事をこなしていく事で、技術を磨くことが出来ます。

 

その②:勤務地や時間は自由に選ぶことが出来る

フリーランスでWebデザイナーの仕事をする場合には、時間や勤務先を自由に選べるというメリットがあります。

基本的にWebデザイナーとしてフリーランスになると、自宅や好きな場所で仕事をするケースと企業に常駐して仕事をするケースがあります。

自宅など好きな場所でWebデザイナーの仕事をする場合には、必要なものはインターネットの環境とパソコンで済みます。

納品さえしっかりと出来ればよいので、何時に起きようが関係ありません。
会社で縛られて仕事がしたくない人にはおすすめです。

私もフリーランスとして在宅で仕事をしていましたが、家事や育児なども効率的に出来るので、メリットに感じました。

 

その③:Webデザイナーのメリットは人間関係に縛られないこと

人間関係は仕事において面倒だと感じる人は多いでしょう。
フリーランスのWebデザイナーであれば人間関係のストレスはフリーです。

上司や同僚、後輩などがいないのが、フリーランスのWebデザイナーのメリットです。
周囲を気にせず自分のペースで、好きなように仕事が出来ます。

クライアントの打ち合わせや希望の納期などメリハリは大切ですが、一般的な会社に勤めた際のストレスからは解放されるでしょう。

 

その④:自分の目標が立てやすくモチベーションを維持しやすい

Webデザイナーとして制作会社で働く際には、当然ですがWebデザイナーだけが働いている訳ではありません。

ディレクターや制作管理、品質管理を行う人も働いています。

Webデザイナーを経験している人も多く、近くで仕事をしたり話を聞くことで刺激を受けたりと自分の目標を立てやすいメリットがあります。

同じ環境で働くことで、モチベーションも維持しやすいのもポイントです。

 

その⑤:Webデザイナーは高い需要がある

Webデザイナーの仕事は高い需要があります。
法人だけでなく個人でもWebサイトを立ち上げて広告宣伝することも多くなってきました。

Webサイトの製作の需要は高く、常に仕事があると言ってよいでしょう。
時代の進化に連れてさらに需要は伸びていくと言われています。

私も手に職を付けるという意味でWebデザイナーの仕事を始めましたが、仕事が尽きることなく続けられています。

 

まとめ:Webデザイナーとは?デメリットとメリットについて

今回はWebデザイナーのメリットとデメリットについてご紹介しました。
Webデザイナーは専門的な知識、時間の自由度が高いなどメリットは多くあります。
デメリットもあるので、それぞれ理解してWebデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です