「広告あり」

Audible再生倍速はどこまで変更可能?適切な速度も紹介

Audible再生速度記事のサムネイル画像
“悩む人”
Audible再生倍速について知りたい人

「Audibleはどこまで再生倍速を上げることができる?」

「適切な再生倍速とは?」

「再生倍速を上げるメリット・デメリットは?」

といった悩みをこの記事では解決します。

この記事を書いている僕は、Audible歴2年ほどです。

そんな僕がAudibleの再生倍速について詳しく解説します。

Audible再生倍速はどこまで変更可能?設定方法も紹介

そもそも、Audibleの再生倍速はどこまで変更ができるのか、設定方法も合わせて解説します。

0.5~3.5倍速まで0.1刻みで変更可能

Audibleの再生倍速は0.5倍速から3.5倍速まで変更が可能です。

また、0.1刻みでの変更ができます。

そのため、1.6倍速や3.1倍速など自分が好きな倍速に変更ができます。

Audible変更可能な変更速度

  1. 0.5~3.5倍速
  2. 0.1刻みで可能

設定方法は再生画面下の「再生速度」を選択

Audibleの再生速度の変更方法は簡単です。

まずは好きなオーディオブックを選択して再生します。

続いて、再生画面下にある「再生速度」を選択します。

あとはお好みで自分の好きな速度に変更しましょう。

まだ、Audibleに登録されていない方は、30日間の無料体験を試してみましょう。

関連記事:たった3分でできるAudibleの始め方【無料で始める方法あり】

Audible適切な再生速度の設定方法

Audible再生速度記事のサムネイル画像

続いては、Audibleの再生速度によって起こる影響やおすすめの再生速度をご紹介します。

再生速度の選択に影響を与える要素

Audibleの再生速度の選択に影響を与える要素は2つあります。

1つ目は、個人の聴取能力です。

聴取能力は個人によって異なるため、自分に最適な再生速度を見つける必要があります。

早すぎると聴取できなく、遅すぎると退屈になったりします。

そのため、Audibleの再生速度は自分の聴取能力に合わせて設定する必要があります。

2つ目は、コンテンツの種類です。

再生速度の設定はコンテンツの種類によって変更する必要があります。

具体的には、小説や物語のようなストーリー系のコンテンツにおいては、できるだけ倍速はしないほうがいいです。

なぜなら、早すぎてしまうと情景やストーリーが理解しにくくなるためです。

逆に情報収集系であるビジネス書や自己啓発系などは倍速を使うことがおすすめです。

情報系の本は倍速機能を使って何度も聴取することで、内容を理解しやすくなります。

適切な再生速度の選び方、おすすめの再生速度

適切な再生速度は人によって変わります。

そのため、自分にあった再生速度を見つけていく必要があります。

自分にあった適切な再生速度の見つけ方は2つです。

1つ目は、はじめは等倍速で聴くことです。

その後にゆっくりとした速度から徐々に再生速度を上げていきましょう。

一般的に聞きやすい速度としては1.2倍速〜1.5倍族が多いようです。

また、コンテンツによっても適切な再生速度は変わります。

  1. 0.5~0.8倍速:英語の教材など。文法や発音をしっかり聞きたい人向け
  2. 1.2~1.5倍速:ストーリー系の本。これくらいの速度ならテンポよくストーリーを聴くことができる
  3. 1.5倍速以上:情報系コンテンツ。何度も聴くために早くしたり、知識のある分野は早めでも聞き取りやすくなります。

\ 12万以上の対象作品が聴き放題/

Audibleの公式サイトはコチラ

※上記のURLを長押しして『新しいタブで開く』を選択する、アプリからは登録できません。

Audibleの再生倍速のメリット・デメリット

Audible再生速度記事のメリット、デメリット見出し画像

それでゃ、Audibleの再生速度を上げるメリットとデメリットを簡単に解説します。

Audible再生速度を上げるメリット

Audibleの再生速度を上げるメリットは下記の3つです。

  1. 貴重な時間を節約できる
  2. 読書量を増やせる
  3. 効率的に学習ができる

再生速度を上げることで、オーディオブックをより短い時間で聞くことができます。

その結果、忙しい日々の時間を節約することができます。

また、再生速度を上げることで。より多くのオーディオブックを聴くことができます。

1.5倍速で聴くことができれば、1時間かかる本を40分で聞き終えることができ、より多くの本を読み、様々なジャンルや著者の作品を幅広く楽しむことが可能です。

さらに、再生速度を上げることで学習や情報の吸収を効率化することができます。

Audible再生速度を上げるデメリット

Audibleの再生速度を上げるデメリットは下記の3です。

  1. 音声の聞き取りにくさ
  2. 台本やストーリーの鑑賞性の低下
  3. 再生速度による情報欠落の可能性

再生速度を上げると、話し手の発言が早くなるため、一部の人にとっては音声の聞き取りが難しくなります。とくに英語学習などで母国語でない言語を聴く際には注意が必要です。

また、再生速度を上げることで話し手の発音が加速し、作品やドラマのストーリー要素の魅力や表現力が損なわれる可能性があります。

さらに、倍速にすることで情報が早く伝達されるため、詳細情報を見逃したりする可能性があります。

情報系のコンテンツを倍速で聞く場合は、同じ本を2回ほど聴くことで詳細情報を見逃すことを防げます。

Audible再生速度でよくある質問

Audible再生速度記事のよくある質問見出し画像

それでは最後の章としてAudibleの再生速度でよくある質問をいくつかご紹介します。

Audible再生速度を速くすると音声が聞き取りづらくなりませんか?

再生速度を上げると発音が加速するため、一部のユーザーにとっては聞き取りが難しくなる場合があります。

その場合は自分にあった適切な速度を見つけることでそれらの問題を解決することが可能です。

Audible再生速度を遅くすると音質が低下しますか?

Audibleの再生速度と音質には直接的な影響はありません。

しかし、遅くなる分音が途切れて聞こえたり、ガラガラ声のように聞こえる可能性はあります。

その場合は、あまり低速にしないように気をつけることで問題を解決することが可能です。

オーディオブックを倍速再生するにはどうすればいいですか?

再生中に画面が歩にある「再生速度」という項目を選択することで変更ができます。

オーディブルで速読するには?

通常よりも速い速度で再生することで速読ができます。

また、徐々に再生速度を上げることでより早く速度ができるようになるはずです。

いきなり速度を上げるのではなく、徐々に再生速度を上げていきましょう。

Audible再生速度は自分にあった設定を

本記事は「Audible再生倍速はどこまで変更可能?適切な速度も紹介」について解説しました。

結論としては、下記のとおりです。

  1. 0.5~0.8倍速:英語の教材など。文法や発音をしっかり聞きたい人向け
  2. 1.2~1.5倍速:ストーリー系の本。これくらいの速度ならテンポよくストーリーを聴くことができる
  3. 1.5倍速以上:情報系コンテンツ。何度も聴くために早くしたり、知識のある分野は早めでも聞き取りやすくなります。

関連記事:【絶対解決】オーディブルの無料体験が登録できない場合の対処方法10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実体験を元にユーザーにガジェットとAmazonサービスの素晴らしさを届けるゆるミニマリストブロガー。おかげさまで月間最大10万PV。 Apple製品とAmazonが大好です。10割在宅勤務のためデスク環境にはかなりのこだわりがあります。