「広告あり」

【簡単】Macで破損したファイルを復元するには?【動画・写真・Word・Excelなど】

Macで破損したファイルを復元するには記事のサムネ画像
“悩む人”
  • Macを使っていたらファイルが破損した、、
  • エラーでファイルが開けない

Macを使っていたらファイルがいきなりエラーで破損した、ファイルが上手く開けないといったことがありますよね。

しかし、安心してください。この記事の方法を使えば、誰でも簡単に破損したファイル、開けないファイルを復元できますから。

まずは、この記事を最後まで読んでください。

PR:この記事EaseUS Fixo for Macを提供していただいて記事を作成しています。

Macの破損・開けないファイルを復元したいなら:EaseUS Fixo for Mac

Macで破損したファイルを復元するには?

もしかするとあなたは、Macで破損したファイルを復元する具体的な手順を早く知りたい、と思うかもしれません。

しかし、安心してください。この章で分かりやすく順番に紹介しますから。

まずは、下記の復元手順を見て全体像を把握しましょう。

Macで破損したファイルを復元するには?
  • ①復元ソフトのEaseUS Fixo for Macをダウンロードする
  • ②復元したいファイルを選択し『復元』ボタンを押す
  • ③実際にファイルが復元したか確認

それぞれ分かりやすく解説します。難しく考えないで、順番通りに手順を進めていくだけです。

そうすれば、破損した・開けないファイルを復元できます。

①復元ソフトのEaseUS Fixo for Macをダウンロードする

もしかするとあなたは、「Macの復元ソフトがたくさんあって選ぶのが難しいそう」、と思うかもしれません。

しかし、安心してください。Macでファイルを復元するならEaseUS Fixo for Mac一択ですから。

まずは、EaseUS Fixo for Macにアクセスしてソフトをダウンロードします。サイトにアクセスして無料体験を始めるを選択して復元ソフトをダンロードしてください。

こちらのソフト無料体験で無料で使うことができるかつ、有料版でも返金対応がありますから、難しく考えないで、そのままダウンロードして登録して問題ありません。

ダウンロードと登録ができたらソフトを開くだけです。

②復元したいファイルを選択し『復元』ボタンを押す

もしかするとあなたは、EaseUS Fixo for Macを使ってファイルを復元するなんて難しそう、と思うかもしれません。

しかし、安心してください。EaseUS Fixo for Macは復元したいファイルをソフトに追加して「復元ボタン」を押すだけですから。

まずは、復元したいファイルを選びます。そして復元したファイルをドラッグアンドドロップを使って復元ソフトに追加してください。

もし、『拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開くことができません』というエラーが出た場合は、『Macでファイル形式またはファイル拡張子が有効でないためExcelでファイルが開けない場合の対処方法』を参考にしてエラーを解決しましょう。

③実際にファイルが復元したか確認

もしかするとあなたは、破損ファイルをただ復元ソフトに追加するだけで復元なんてできるのか?と思うかもしれません。

しかし、安心してください。EaseUS Fixo for Macは追加と復元ボタンを押すだけで復元ができますから。

まずは、復元されたファイルをどこに保存するかを決めましょう。直ぐに確認できる場所に置くようにしてください。難しく考えず、デスクトップに保存してもいいです。

そして、保存された復元ファイルを開きたいソフトまたは、そのまま開いて確認するだけです。

このように、EaseUS Fixo for Macは3ステップで破損ファイル、開けないファイルを復元することができます。

ぜひこの機会にEaseUS Fixo for Macをダンロードしてファイルの復元を行いましょう。すぐに復元ができるのでおすすめです。

Macで破損ファイルを復元するに関するQ&A

もしかするとあなたは、Macで削除したファイルを復元するで悩んでいる人の共通の悩みを知りたい、と思うかもしれません。

安心してください。この見出しで3つ関連するよくある質問をご紹介しますから。

まずは、下記の数字箇条書きを確認してください。

この記事の簡単なまとめ
  1. Office 2016/2013/2010を復元するには?
  2. MacのWordで破損したファイルを修復するには?
  3. Macでファイルを回復するにはどうすればいいですか?

それぞれ分かりやすく解説します。

Office 2016/2013/2010を復元するには?

古いOfficeソフトを使っていて、対応していない復元ソフトが多い、どうしたものか。と悩んでいませんか?

安心してください。古いOfficeソフトに対応している復元ソフトを紹介しますから。

そのソフトはEaseUS Fixoです。このソフトなら古いOfficeバージョンでも問題なく復元ができます。

詳しくは、Microsoft Office 修復ツール:Office 2016/2013/2010 を修復する方法を参考にしましょう。

MacのWordで破損したファイルを修復するには?

もしかするとあなたは、「やばい、、大事なWordファイルが破損してしまった、、早く復元したいけどどうしたらいいのかわからない、、」と悩んでいるかもしれません。

しかし、安心してください。MacのWordファイルを素早く復元したいならEaseUS Fixoを使えばすぐに復元できますから。

まずは、この記事の『Macで破損したファイルを復元するには?』を確認してください。そして手順通りに勧めていくだけでMacのWordファイルを復元できます。

EaseUS Fixo for Macならダウンロード、破損ファイルをソフトに追加、『復元』ボタンを選択、保存、の4ステップで復元ができます。

早急にWordファイルを復元したいなら、復元ソフトを使いましょう、EaseUS Fixoは無料体験もありますし、永久ライセンスも1.5万円で購入できるのでおすすめです。

Macでファイルを回復するにはどうすればいいですか?

もしかするとあなたは、「間違えてデータを上書きしてしまった、、なんか消えてしまった」と悩んでいるかもしれません。

しかし、安心してください。Macでファイルを回復する方法3つを紹介しますから。

  1. 使用しているソフトに備わっている巻き戻し機能を使う
  2. データの復旧ソフトを行う
  3. 業者に依頼する

上記の3つで解決できます。一番簡単なのはソフトに元から備わっている自動保存の履歴から復元することですが、自動保存がないソフトもあります。その場合は諦めてほかの解決策を探しましょう。

続いては、データ復旧ソフトを使う方法ですね。詳しくは【レビュー】MacBookおすすめのデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard【実際に使ってみた!】を参考にしていただければ幸いです。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

実体験を元にユーザーにガジェットとAmazonサービスの素晴らしさを届けるゆるミニマリストブロガー。おかげさまで月間最大10万PV。 Apple製品とAmazonが大好です。10割在宅勤務のためデスク環境にはかなりのこだわりがあります。