MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説

MacBook Air13インチで、動画編集っできるの?向いているの?

動画編集に必要なスペックを、MacBook Ariのスペックと比較しながら紹介して欲しいなぁ

と悩んでいるあなたにこの記事はおすすめです。

※2020年4月21日更新:最新版のmacbook Airについて書かれています。

“本記事の内容”

・MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説

・動画編集に必要なスペックをMacBook Airと比較

 

はじめまして。

動画編集が大好きなガジェットブロガーのマキです。

 

今回はMacBook Airは動画編集に向いているのか、そもそもできるのかを解説していきたいと思います。

 

関連記事:MacBook Airでも使えるおすすめの動画編集ソフト【無料・有料】

 

MacBookを購入する場合は、一緒にアクセサリーも購入するのがおすすめですよ。

【2020年】MacBook Pro13 アクセサリーおすすめ8選【実際に使っている商品を紹介! 】

MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説

はじめに結論です。

 

「MacBook Airで動画編集をすることができます。」

ガッツリではなく、軽めの動画編集ならすることができます。

 

その理由をこの記事では動画編集に必要なスペックとともに説明していうと思います。

 

動画編集に必要なスペックをMacBook Airと比較

動画編集に必要なスペックをMacBook Airと比較

動画編集で重要になってくるスペックは以下の4つです。

動画編集で重要なスペック

・CPU

・メモリ

・SSD

・GPU

それでは、動画編集に必要なスペックを、MacBook Airのスペックと比較しながら紹介していきます。

動画編集に必要なCPU

CPUとは、人間でいう脳にあたる部分です。

CPUが高ければ高いほど、動画編集などの重たい作業をすることができます。

 

動画編集で最も重要なのがCPUです。

CPUの性能が良ければサクサクに動かすことができます。

 

それでは、動画編集に必要なCPUのスペックをAirと比較していきながら見ていきましょう!

MacBook AirのCPUスペック CPU 説明

初期

Core i3 動画編集をするのは厳しい

(ストレスに耐えながらできるならおk)

カスタマイズ

Core i5 動画編集できる(動画編集としては最低限)

カスタマイズ

Core i7 動画編集できる(本格的に動画編集する場合はi7がいいですね。YouTubeなど)
×

なし

Core i9 動画編集できる(高度な4K動画編集が可能)

動画編集をするために最低限必要なCore i5はMacBook Airに備わっています。

 

そのため、動画編集に最低限必要なスペックをMacBook Airは持っています。

10分くらいの動画編集なら楽々できます。あまり重たい素材を使ったら10分でも重くなりますが、

逆に20分や30分の動画でも軽いものならサクサクです。

 

カスタマイズすることで、本格的な動画編集もすることが可能でしょう。

 

動画編集に必要なメモリ

動画編集に必要なメモリ

動画編集で2番目に大切なのが、メモリです。

メモリは、CPUが処理したデータを一時的に保存する場所です。

 

CPUは高ければ高いほどいいですが、メモリは必要な分だけで大丈夫ということを覚えておきましょう。

 

それでは、動画編集に必要なメモリのスペックをAirと比較しながら見ていきましょう。

MacBook Air メモリ 説明

初期

8GB フルHDの動画編集が可能

カスタム

16GB 複雑なフルHD動画編集ができる

簡単な4Kの動画編集

×

なし

32GB 4K動画編集

簡単な3DCG映像の編集

×

なし

64GB 4K

3DCG

軽く動画編集するなら、8GBで大丈夫でしょう。

 

また、メモリを16GBにカスタムしてもMacBook AirのCPUがあれなので、、あまり意味はないと思います。

動画編集に必要なストレージ

続いて重要になってくるのが、ストレージです。

ストレージにはSSDとHDDがあります。

 

動画編集をする場合には、SSDの方が優れています、理由はSSDの方が素早くデータが保存できるからです。

MacBook Airは初めからSSDなので動画編集には向いています。

 

また、動画編集に必要なストレージ容量は以下の通りです。

MacBook Air ストレージ 説明
×

なし

128GB 動画編集するには少なすぎます。外付けハードを持っているならワンチャン

初期

256GB 動画編集するには少ない。外付けハードを持っているならワンチャン

カスタム

512GB 安心

カスタム

1TB これだけあれば、超安心

カスタム

2TB いや多すぎて安心!

 

値段を抑えて動画編集したいなら外付けSSDを買うべき

MacBook Pro13インチ本体のストレージが256GBでいい理由は、外付けSSDで動画を保存できる容量を増やした方が安いからです。

 

MacBook Pro13本体のSSDの容量を増やすのにかかる値段は以下の通りです。

増やすストレージ かかる値段
256GB 2万円
512GB 4万2000円
1TB 6万4000円

 

そして外付けSSDだと、1TBのお値段が約1万4円ほどです。

 

その差はなんと、5万円、、、、、

 

5万円あるなら、動画編集ソフトとか周辺機器を買いたい、、、

【2020年】MacBook Air/Proにおすすめな外付けSSD【4選】128GB〜1TBまで!

【2020年】MacBook Air/Proにおすすめな外付けSSD【4選】128GB〜1TBまで!

それでは、MacBook Air/Proにおすすめな外付けSSDを5つ紹介していきます。

エレコム 外付けSSD ポータブル 120GB

超軽量、10円8枚と同じ重さの120GBのSSD

こちらの商品は120GBの外付けSSDです。

サイズは名刺サイズしかないのでポケットに入れて持ち運ぶこともできるくらいのサイズです。

また重さは10円硬貨8枚分の重さの35gしかないので持ち運びに適しています。

容量 サイズ 重さ
120GB 幅93×高さ54×奥行き9mm 35g

 

SanDisk ポータブルSSD  250GB 【PS4 メーカー動作確認済】 USB3.1 Gen2 防滴 耐振 耐衝撃 SDSSDE60-250G-J25 Extreme Portable 3年保証

コンパクトで250GBの容量の外付けSSD

こちらの外付けSSDは、とても耐久性に優れています持ち運び人には、耐久性が高いのはとても有賀難いですね、持ち運んでいた落としてしまって壊れたという事態を回避することができる。

またこちらの外付けSSDはUSB-Cに対応しているので、USBハブを買わなくても大丈夫です。

容量 サイズ 重さ
250GB 9.6 x 5 cm 38.9g

I-O DATA ポータブルSSD 480GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 

created by Rinker
アイ・オー・データ機器
¥9,873 (2020/10/24 20:06:48時点 Amazon調べ-詳細)

480GBおすすめの外付けSSD

こちらの商品の容量は480GBです。動画編集した動画やiPhoneで撮った動画などをたくさん保存することができます。

サイズもコンパクトなので、持ち運びにも適しています

容量 サイズ 重さ
480g 0.8cm×0.8cm 55g

 

RAOYI 外付けSSD 1TB USB3.1 Gen2 ポータブルSSD 転送速度最大550MB/秒 PS4動作確認済 超薄型・超高速Type-A/Type-C 耐衝撃 防滴 黒(2年保証)

Type-cに対応した1TBおすすめの外付けSSD

こちらの外付けSSDは、1TBとかなりの大容量です。そしてMacBookのデザイン性を損なわないデザインになっているのでMacBookとかなりマッチします。

また、とても薄型なので持ち運びにも適しています

容量 サイズ 重さ
1TB 1.3cm×0.85cm×0.85cm 40g

 

 

 

動画編集に必要なGPU

4番目に重要なのが、GPUです。

GPU=グラフィックボードです。

 

GPUは、動画編集をするソフトによって必要かどうかはかわってきます。

 

GPUが必要なソフトの見分け方は大体以下の通りです。

無料:GPU必要ない

有料:GPU必要

まぁガッツリ動画編集をしないなら、Appleから出ているiMoveで動画編集をすることをおすすめします。

関連記事:MacBook Airでも使えるおすすめの動画編集ソフト【無料・有料】

まとめ:MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説

まとめ:MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説

本記事は「MacBook Airは動画編集に向いているのか!?動画編集が趣味の僕が徹底解説」について書きました。

 

MacBookを購入する場合は、一緒にアクセサリーも購入するのがおすすめですよ。

【2020年】MacBook Pro13 アクセサリーおすすめ8選【実際に使っている商品を紹介! 】

 

それでは今回の記事の内容をまとめます。

・MacBook Airでも軽めの動画編集はできる

 

関連記事:MacBook Airでも使えるおすすめの動画編集ソフト【無料・有料】

 

また、動画編集をしているとどうしてもMacBook Air本体が熱くなってしまうのでスタンドは必須です。

以下の記事を参考にスタンドを買ってみてください。

 

 

MacBookファン付きスタンドを知りたい人に読んで欲しい!【冷却もできるファンスタンドの紹介】

 

◎【MacBook Air/ProにおすすめのUSB-Cハブのまとめ】

【最新】MacBook Air/ProインチおすすめUSB-Cハブ3選【コンパクト&多機能】

2020年2月17日
◎【MacBook Proとあわせて買うべきアクセサリー】

【2020最新】MacBook Proと一緒に買うおすすめアクセサリー14選

2020年9月30日
◎【MacBook Pro13にあったモバイルバッテリー】

MacBook Air/Pro向けモニターおすすめ7選【作業効率を上げ自由な時間を手に入れよう】

2020年5月3日

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です