M1MacBook Airは動画編集におすすめ【おすすめスペックやおすすめ理由を解説】

  • M1MacBook Airを動画編集用に購入したいけど、買って大丈夫かなぁ?
  • 動画編集用のスペックも知りたい
  • あと、最安値で購入でいる店ってどこ?

といった悩みを解決します。

この記事を書いている僕は、MacBookで動画編集をしつつYou Tubeに動画を上げているApple信者です。

ちなみに、M1MacBook歴は5年ほどです。

M1MacBook Airは動画編集におすすめ

まず結論として、M1MacBook Airは動画編集に適しています。

なぜそのような結論に至ったのかを、この章で詳しく解説をしています。

M1MacBook Airで動画編集をするなら良いソフトを

まず、M1MacBook Airに搭載されているM1チップは非常に高性能なCPUになっています。

その理由は、Appleが独自の回路で、複数のCPUとGPUを連結させて、個々の力で大きな処理ができるようになっているからです。

まず、M1MacBook Airなら基本的にどのような動画編集ソフトを使ってもある程度は動かせることができます。

また、M1MacBook Airでサクサクと動画編集をしたいという方は、MacOSに特化した動画編集ソフトの仕様を推奨します。

なぜなら、MacOS対象の動画編集ソフトを使うことであの重たい4Kの動画編集も可能になるのです。

▼ちなみにおすすめの動画編集ソフトは以下のとおりです。

  • ファイナルカットプロ
    • 3万6千円の買い切り
    • プロも使ってます。
    • M1MacBook Airに最適化されたソフト
    • 非常に軽い
    • 4Kも可能
  • iMovie
    • ファイナルカットプロの無料バージョン
    • できることは制限されるが基本的に何でも
    • 無料
    • 非常に軽い
  • DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ)
    • 無料
    • 高度な編集ができる
    • 若干重たくなることも
  • Premiere Pro
    • 月額3000円ほど(プランで違う)
    • プロも使ってます
    • MacOSに最適化はされていない

上記ののとおりですね。基本的に上位3位は使っても基本的にサクサクでしょう。

上から順番におすすめです。

10万円ほどで4K動画の編集も可能

M1MacBook Airはなんと、10万円ほどで4Kと言ってかなりの高画質の動画を編集することができます。

10万円がどれくらいすごいのかというと、Windowだと4K動画をサクサクと編集するためには、20万円以上払わないと4K動画をサクサクと編集することはできません。(平均的な値段として)

まず、10万円でRetinaディスプレイといってめちゃくちゃキレイなディスプレイが付いてくる時点で、10万円以上の勝ちはあります。

また、OS的にも優れていて操作性が非常に高いですね。マウスなしでも動画編集も可能です。

以上の理由から、10万円で購入できかつ、4K動画も編集できるM1MacBook Air動画編集に最適化された、ノートパソコンと言えます。

 

“マキ”

普通に、10万円のノートパソコンで動画編集できるのはすごい、、、

バッテリーの持ち時間が18時間【外でも作業可能】

M1MacBook Airは非常にバッテリーの持ちが良いです、そのバッテリー駆動時間なんと18時間です。

まぁ、動画編集をしていたら8時間ほどでバッテリーが終わってしまいますが、8時間も充電せずにできれば問題なしですね。

まず、動画編集をする場合、外に動画を取りに行くこともあるでしょう、その際にM1MacBook Airで動画の内容をしっかりと確認したりできます。

また、家での動画編集に疲れたら、朝からカフェなどに言って動画編集をお昼くらいまでするという、おしゃれなことも可能です。

以上の理由から、M1MacBook Airは外でも動画編集できる最適なノートパソコンだと言えるでしょう。以前までのMacBookは非常に電源の持ちが不安定だったのでM1になって良い改善が行われましたね。

M1MacBook Airで動画編集をする際の推奨スペック

M1MacBook Airは動画編集に最適だと分かったけど、ストレージやメモリなどのスペックはどうしたら良いの?

という方もいると思うので、詳しく解説をしていきます。

最低限スペックで問題なし【8GB:256GB】

お金をかけたくないのであれば、M1MacBook Airは最低スペックでも問題なしです。

ちないみに、メモリ8GBでも十分に動画編集ができます。M1チップはメモリの消費があまりないCPUかもしれません。

また、GPUを5000円ほど払えば、7コアから8コアに変更できますが、基本的に処理が数秒ほど軽くなるだけなので、基本的にはノーカスタムでOKです。

▼ちなみに用語解説です。

  • メモリ
    • 処理したデータを一時的に保存する
  • ストレージ
    • データを保存する、画像ファイル、動画ファイルなど
  • CPU
    • パソコンの主な処理装置
  • GPU
    • パソコンの画像などを主に処理する装置

動画編集するなら、ストレージを初期の256GBから512GBに変更しても良いかもですね。

とはいえ、後ほど詳しく解説していきます。

▼M1MacBook Air動画編集最小のスペック

  • メモリ
    • 8GB
  • ストレージ
    • 256GB
  • CPUとGPU
    • 8コアと7コア

ストレージ512GBにするか外付けSSDを購入するか

先程、ストレージを256GBから倍の512GBに変更するのもありと紹介しました。

とはいえ、外付けのSSDを購入して使うことで、ストレージを安く増やすことが可能です。

▼ちないみに、内蔵ストレージと外付けSSDの料金を比較したものは以下のとおりです。

ストレージ容量 内部ストレージ増設費 外付けSSD【約】
512GB +22,000円 +11,800円
1TB +44,000円 +20,000円
2TB +88,000円 +36,800円

※比較外付けは、SanDisk SSD

外付けSSDの方が半額位の値段ですね:D

M1MacBook Airで編集して要らなくなった動画を、外付けSSDに逃して、本体容量を一定以上に維持するのがお得ですね。

ちなみに一番オススメな、外付けSSDは以下のものです。

他のおすすめSSDを知りた方は、【2020年】MacBook Air/Proおすすめ外付けSSD【4選】128GB〜1TBまで!を参考にしてください。

M1 MacBook Airを最安値で購入するならAmazon

結論、M1MacBook Airを安く購入うしたい場合はAmazonからの購入がおすすめです。

▼理由は以下のとおりです

  • 購入時に5000ポイント付与
  • アマゾンギフトチャージで購入→最大2500円付与
  • 翌日配達あり

▼M1MacBook Airを販売している店舗と比較してみました。

▼MacBook Airを売っている店舗と比較してみました。

店舗 定価 ポイント還元 実質価格
amazon 11万5,280円 8,646円 10万6,634円
ビックカメラ 11万5,280円 5,764円 10万9,516円
Apple 11万5,280円 なし 11万5,280円

最大で、8500円ほど安いですね、、浮いたお金は、MacBook用のアクセサリーを購入するのがおすすめです。

▼M1MacBookを最安値で購入する方法は以下のとおりです。

Amazonポイントをチャージは、Amazon公式チャージからどうぞ。

MacBook Airのおすすめのアクセサリーは、【2021最新】MacBook Air/Proと一緒に買うおすすめアクセサリー・周辺機器14選【徹底紹介】で詳しく解説しています。

まとめ|M1MacBook Airは動画編集に最適

M1MacBook Airは動画編集におすすめ【おすすめスペックやおすすめ理由を解説】

結論、M1MacBook Airは動画編集に最適かつ、10万円と非常にリーズナブルな料金で4K動画が編集できるので、おすすめなノートパソコン担っています。

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA