【結論:必須】MacBook Air/proに保護フィルムは必要なのか?いらないのか

MacBook Air/Proの画面を保護する保護フィルムって必要なのかをきちんと知りたい。

といった悩みを解決します。

結論、保護フィルムはほとんどの人が必須です

それでは、わかり易く解説をしていきます。

【結論:必須】MacBook Air/Proに保護フィルムは必要なのか?いらないのか

結論としてMacBook Air/Proに保護フィルムは必要です。

必要な理由は以下のとおりです。

  1. キーボードのゴミでもMacBookの画面は傷つく
  2. MacBookを高値で売りたいなら保護フィルムは必要
  3. カフェなどの外でMacBook を使う場合の保護フィルムがあると反射予防になる
  4. 保護フィルムを付けていれば長時間の作業も目が疲れにくくなる
  5. 保護フィルムを貼っていない状態で画面を拭くとコーティングが剥がれる可能性がある 

それぞれ詳しく解説をしていきます。

①キーボードのゴミでもMacBookの画面は傷つく

MacBookの画面は非常に繊細にできています。

そのため、MacBookのキーボードにゴミなどある状態で閉じてしまうと傷が付く可能性が出てきます。

具体的には、少し硬めのゴミ【砂利、プラスチック】などがあります。

その他の傷つく原因として、何かしらのものを上においた状態でMacBookを閉じてしまうことがあります。

しかし、MacBook用の保護フィルムを装着しておけばこのような状態からMacBookの画面を守ってくれます。

そのため、MacBookに保護フィルムは必要なアクセサリーだと言えます。

②MacBookを高値で売りたいなら保護フィルムは必要

MacBookの画面に小さなキズがついているだけで、売値が1000円以上、安くなる可能性があります。

とある事例では、小さなキズで3万円ほど売値が下がってしまったということがあります。

MacBookは切れな状態で保存しておけば、かなり高値で売ることができます。

そのため、新しくMacBookを購入する可能性がある方、新しくMacBookが発売されたら、購入したい方。

上記の方は、少しお金を払えばMacBookを安全に守ってくれる保護フィルムを購入するようにしましょう。

③カフェなどの外でMacBook を使う場合の保護フィルムがあると反射予防になる

MacBook対応の保護フィルムには、覗き見予防に対応したものや光に反射しにくくなる保護フィルムがあります。

外でMacBookを使う場合は、自分が何をしているのかあまり見られたくない場合が多いです。

さらに、日光や室内のライトでMacBookが反射して見にくくなることがあります。

しかし、反射対応や覗き見防止の保護フィルムを貼っておけばそのような状態にはなりません。

外で使いたい方は、保護フィルムの購入を考えて見ましょう。

④保護フィルムを付けていれば長時間の作業も目が疲れにくくなる

MacBook対応の保護フィルムには、【ブルーライトカット】対応のフィルムがあります。

ブルーライトカットの保護フィルムを使用すれば、長時間のパソコン作業でも目が疲れにくくなります。

反論として、「MacBookにはブルーライトカットの設定があるだろう」と思う方がいるはずです。

結論として、MacBookのブルーライトカット設定は非常に見にくく作業がしにくいです。

そのため、ブルーライトカット対応の保護フィルムを貼っている方が画面が見やすいのが現状です。

⑤保護フィルムを貼っていない状態で画面を拭くとコーティングが剥がれる可能性がある

MacBookの画面は非常に繊細です。

そのため、特定の液体を使ったクリーニングを行うと画面のコーティングが剥がれてしまう可能性があります。

特定の液体とは、エタノールや洗浄剤です。

上記の液体は、画面を切れにすることもできますが保護フィルムを貼っていない状態で使用すると最悪コーティングが剥がれてしまいます。

コーティングが剥がれると、画面の色が変わったり見栄えが悪くなります。

そのため、MacBookの画面を日々きれいに使いたい方は保護フィルムの装着をおすすめします。

MacBook用の保護フィルムは必要【選び方を解説】

MacBookには保護フィルムが必要なことが分かったけれど、どんなフィルムを選べばいいのか分からない。

といった悩みを解決します。

結論「非光沢(アンチグレア)」を選べば間違いないでしょう。

MacBookの保護フィルムの種類

MacBookに対応してる保護フィルムの種類まとめ

  • 光沢【グレア】
  • 非光沢【アンチグレア】
  • ブルーライトカット
  • 覗き見防止
  • マグネット式

上記の5種類の保護フィルムがあります。

それぞれの特徴を分かりやすく解説していきます。

光沢【グレア】と非光沢【アンチグア】

本記事では【非光沢「アンチグレア」】をおすすめしています。

光沢【グレア加工】とは?

グレア加工は、ディスプレイの美しさを保ったまま綺麗に画面を保護できるフィルムです。

グレア加工のメリット

 

  • 画面が綺麗なままMacBookの画面を保護できる
  • 文字や動画、画像がはっきりと見える
  • フィルムが目立たない

グレア加工のデメリット

 

  • 光の反射が多く屋外やライトしただと見にくい
  • 電源OFFの場合、鏡のように反射する
  • 指紋などがつきやすく汚れが目立つ

メリット貼りますが、光が斜めから入る状態だとうまく画面を見ることができません。

そのため、グレア加工の保護フィルムは外に持ち運ぶことができるMacBookには向いていない加工だと言えるでしょう。

非光沢【アンチグレア加工】とは

アンチグレア加工は、光が反射しにくい保護フィルムでどのような場所でもMacBook作業に支障が出ない保護フィルムです。

非光沢【アンチグレア加工】メリット

 

  • 光が反射しないのでどこでも(カフェ、屋外】作業できる
  • 指紋などの汚れが付きにくい
  • 汚れにくい
  • さわり心地がいい 

非光沢【アンチグレア加工】デメリット

  • 画面が若干白っぽくなる【作業支障なし】

基本的に、アンチグレア加工にはデメリットはありません。

画面が白っぽくなるといっても全く作業に支障はないです。

そのため、グレア加工とアンチグレア加工の場合はアンチグレア加工をおすすめします。

覗き見防止とマグネット式

覗き見防止の保護フィルムは、基本的にはマグネット式です。

覗き見防止フィルムとは、他者がMacBookの画面を見ても作業内容が見えない加工のことを指します。

周りに目が気になって作業がしにくいといった方には、おすすめの保護フィルムです。

マグネット式とは、マグネット式は保護フィルムをMacBookにつけるのではなく、磁石でくっつける保護フィルムはです。

そのため、気軽に取り外しができ、用途に合わせて保護フィルムをつけることが可能です。

覗き見防止の保護フィルムは、画面の色合いが大きく変わるためいつでも取り外しができる、マグネット式の保護フィルムを購入するようにしましょう。

結局どっちの保護フィルムを買ったらいいの?

結論は、非光沢「アンチグレア加工」の保護フィルムです。

光沢【グレア加工】は画面をキレイに保護することができますが、屋外で使いにくいのでおすすめはしません。

【覗き見防止+マグネット式】+【アンチグレア加工】の2つの保護フィルムを買えば完璧です。

とはいえ、2つも保護フィルムを買うと高く付くつきます。

そのため、初めは非光沢【アンチグレア加工】の保護フィルムを買うことをお勧めします。

アンチグレア加工おすすめの保護フィルムは、マイクロソリューション:【純日本製&超高精細アンチグレア】です。

まとめ|MacBook Air/Proに保護フィルムは必要なのか?いらないのか

本記事は「MacBook Air/Proに保護フィルムは必要なのか?いらないのか」について書きました。

結論、「MacBookには保護フィルムは必要です。」

必要な理由は以下のとおりです。

 

  • MacBookの画面は傷つきやすい
  • 傷があると売るとき安くなる
  • 反射予防になる
  • 長時間の作業も目が疲れにくくなる【ブルーライトカット】
  • 保護フィルムを貼っていない状態で画面を拭くとコーティングが剥がれる可能性がある

ではでは!

 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA