【M1対応2021】MacBook Air/Pro13おすすめの保護フィルム6選

MacBook Air/Pro13インチおすすめの保護フィルムは【非光沢】マイクロソリューション:純日本製、超高精細アンチグレアです。

保護フィルムは、非光沢【アンチグレア加工】が施されているものが、屋外でも室内でも画面が見やすく、しっかりとMacBookを保護してくれます。

とはいえ、そのほかの性能を持っている保護フィルムも5つほど紹介しているので、詳しく見たい方はスクロールして見てくれると幸いです。

おすすめの保護フィルムをすぐ見たい方は、こちら

保護フィルムの種類を見て決めたい方は、スクロールして詳しく見てください。

【M1:2021】MacBook Air/Pro13インチ対応の保護フィルムの5種類

MacBook Air/Pro13インチ対応の保護フィルムは5種類です。

詳しくは以下のとおりです。

  1. 光沢【グレア】
  2. 非光沢【アンチグレア】
  3. ブルーライトカットモデル
  4. 覗き見防止フィルム
  5. マグネット式保護フィルム【取付簡単】 

それぞれ詳しく解説をしてきます。

ちないみに、おすすめの保護フィルムは【非光沢(アンチグレア加工)】です。

光沢【グレア加工】

保護フィルムにおけるグレア加工とは、「MacBookの画面の色彩を保護フィルムを貼ってもキレイに映して保護することができるフィルム」です。

光沢【グレア加工】のメリット

  • 画面が綺麗なままMacBookの画面を保護できる
  • 画像、文字、動画がはっきりと見える
  • フィルムが目立たない

光沢【グレア加工】のデメリット

  • 光が反射しやすく屋外や屋内の明るい場所だと見にくい
  • 電源をOFFにした場合、鏡のように反射する
  • 指紋などの汚れが付きやすく目立つ

メリットとしては保護フィルムを貼っても迷彩がそこまで変わらず、見やすいといった特徴があります。

しかし、光が斜めから入るような場所や明るい場所ではMacBookの画面が非常に見にくくなります。

そのため、光沢【グレア加工】のフィルムはおすすめはしません

とはいえ、動画編集や画像などのクリエイターの場合は色彩が大切なため、それらの人はグレア加工を選んでもいいと言えます。

非光沢【アンチグレア】

非光沢【アンチグレア加工】とは、光が反射しにくいように製造された保護フィルムのことを指します。

非光沢【アンチグレア加工】のメリット

  • 光が反射しないので屋外や明るい場所でもMacBookで作業可能
  • 指紋などの汚れが付きにくい
  • 汚れにくい
  • さわり心地がよい

非光沢【アンチグレア加工】のデメリット

  • 画面が若干白っぽくなる【作業に支障なし】

アンチグレア保護フィルムは、どのような環境下でもMacBookの画面が見やすくなります。

そのため、屋外やカフェと言った明るくなるであろう場所でもMacBook画面をはっきりと見れます

デメリットとして、画面が少しだけ白くなると示しましたがほとんど違いはありません。

そのため、MacBookモデルのおすすめ保護フィルムはアンチグレア加工の保護フィルムだと言えます。

ブルーライトカットモデル

ブルーライトカット対応の保護フィルムは、長時間MacBookで作業する人のおすすめです。

ブルーライトカット保護フィルムのメリット

  • 長時間作業しても疲れにくくなる

ブルーライトカット保護フィルムのメリット

  • 人によっては効果を感じにくい
  • 画面の迷彩が悪くなる
動画や画像クリエイター以外の方ならブルーライトカット保護フィルムをおすすめします。

デメリットにある、画面の迷彩ですが色に関係する仕事や作業をしない場合は、何ら支障はありません。

そのため、少しでも目が疲れて長時間作業できないといった状態を防ぐことができるブルーライトカット保護フィルムはおすすめだと言えます。

覗き見防止に対応した保護フィルム

覗き見防止の保護フィルムは、他者がMacBookの画面を覗いたときに暗くなるようになっている保護フィルムです。

覗き見防止に対応した保護フィルムのメリット

  • 他人の視線を気にせず作業できる
  • セキュリテーやプライバシーを保護できる

覗き見防止に対応した保護フィルムのデメリット

  • 角度によっては自分も見えない場合がある
  • 角度によっては相手に見える場合がある
  • 画面の迷彩が悪くなる

覗き見防止に対応した保護フィルムは、MacBookの画面を正面から見た場合は、画面の内容を見ることができます。

そのため、他者から見やすい市もあると言えます。

とはいえ、「MacBookの画面を正面から見る+凝視」されない場合は、ほとんどMacBook画面を見られることはないでしょう。

マグネット式保護フィルム【取付簡単】

マグネット式保護フィルムは、磁石でフィルムを引っ付けることができ簡単に取り外すことができます。

また、一般的には「覗き見防止のフィルム+マグネット式」というのが一般的です。

なぜなら、覗き見防止フィルムはずっと付けていることには向かないからです。

マグネット式保護フィルムのメリット

  • 簡単に取り外し、装着ができる

マグネット式保護フィルムのデメリット

  • 簡単に外れるため画面を閉じると取れる場合がある
  • 何らかの拍子に取れる場合がある

簡単に取り外せるというメリットが有るため、保護フィルムをうまく付けられない、失敗したくない人にはおすすめの保護フィルムだと言えます。

【M1対応2021】MacBook Air/Pro13おすすめ保護フィルム

それでは、MacBook Air/Proおすすめの保護フィルム6つを詳しく解説していきます。

【非光沢】マイクロソリューション:純日本製、超高精細アンチグレア

種類
  • 非光沢【アンチグレア加工】
対応サイズ【取り扱い】
  • MacBook Air/Pro13インチ
  • ipad pro11
  • MacBook Pro15/16
対応モデル
  • 2016年モデル〜
  • 2018年モデル〜
  • 2020年モデル【M1】

【非光沢】マイクロソリューション:純日本製、超高精細アンチグレアの特徴。

超繊細なアンチグレア加工を施しているため、通常のアンチグレア加工の保護フィルムよりも綺麗な画質のままMacBookをほごすことができる。

通常のアンチグレア加工【非光沢】保護フィルムだと、MacBookの画面が白っぽくなってしまう可能性があります。

しかし、マイクロソリューションは超高精細なアンチグレア加工をしています。

【ブルーライトカット+非光沢】 :エレコム液晶保護フィルム

種類
  • 非光沢【アンチグレア加工】
  • ブルーライトカット
対応サイズ【取り扱い】
  • MacBook Air/Pro13インチ
  • MacBook Pro16
対応モデル
  • 2016年モデル〜
  • 2018年モデル〜
  • 2020年モデル【M1】

 

エレコム液晶保護フィルムは、ブルーライトカットと非光沢を搭載した保護フィルムです。

1つのフィルムで2つの機能が備わっているため、それらの機能を両方とも求めている方には非常におすすめなフィルムになっています。

ブルーライトカットで長時間作業しつつ、非光沢で明るい場所でも画面を見やすくして作業することがことが可能です。

【衝撃吸収+ブルーライトカット+非光沢】クリアビュー:MacBook Air/Pro 13インチ 2020年モデル 用

種類
  • 非光沢【アンチグレア加工】
  • ブルーライトカット
  • 衝撃吸収
対応サイズ【取り扱い】
  • MacBook Air/Pro13インチ
対応モデル
  • 2020年モデル【M1】

クリアビュー:MacBook Air/Pro 13インチ 2020年モデル 用の特徴は以下のとおりです。

  • 約0.3mmの3層構造で衝撃を吸収
  • 貼り直しOKな特殊シリコン使用
  • 32%をブルーライトカットする

衝撃吸収から、ブルーライトカット、非光沢といった保護フィルムとして必要な機能が備わった、高級な保護フィルムです。

【ブルーライトカット】Agrado:ブルーライトカット非光沢モデル

種類
  • 非光沢【アンチグレア加工】
  • ブルーライトカット
対応サイズ【取り扱い】
  • MacBook Air/Pro13インチ
対応モデル
  • 2016~
  • 2020年モデル【M1】

Agrado:ブルーライトカット非光沢モデルの特徴は以下の通りです。

  •  価格が安い
  • 非光沢加工あり
  • ブルーライトカットあり

ブルーライトカット率や、保護フィルム暑さなどはいいものと比べると劣りますが、それでもMacBookを保護することが十分にできるでしょう。

【完全覗き見防止】:マグネット式ブルーライトカット対応保護フィルム

種類
  • 覗き見防止【角度60°】
  • マグネット式
  • ブルーライト60カット
  • 非光沢【アンチグレア加工】
対応サイズ【取り扱い】
  • MacBook Air/Pro13インチ
  • MacBook Pro15/16
対応モデル
  • 2016~
  • 2020年モデル【M1】

マグネット式ブルーライトカット対応保護フィルムの特徴は以下のとおりです。

  • マグネット式ですぐに取り付けが可能
  • プライバシー保護、セキュリテー保護
  • 2016年以降の13インチMacBookに対応

覗き見防止の保護フィルムが欲しい場合はこの保護フィルムが圧倒的におすすめです。

なぜなら、覗き見防止ができる角度が多いからです。他の覗き見防止は、若干見えやすかったりします。

また、ブルーライトカットや非光沢になっているため外でラクラクに作業が可能です。

まとめ|【M1対応2021】MacBook Air/Pro13おすすめ保護フィルム

本記事は「【M1対応2021】MacBook Air/Pro13おすすめの保護フィルム6選」について書きました。

おすすめの保護フィルムは、アンチグレア加工が施されているものです。

今回紹介した、保護フィルムは以下の通りです。

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA