【2020】MacBook Proの電源が入らない時の原因と対処方法【4選】

MacBook Pro電源が入らない時の対処方法【5選】

MacBook Pro電源が入らない時の対処方法【5選】

ここではMacBook Proの電源が入らない時の対処法を5選紹介します。
自身が使っているMacBook Proと照らし合わせて対処法をチェックしてみてください。

その①:ディスプレイが正常を確かめる

MacBook Pro電源が入らない時には、まずディスプレイを確認してみましょう。

モニターだけが映らない状態になっているかもしれません。

ドライブやファンが動いている音をチェックしたり、スリープランプの有無を確認してみましょう。

起動音が鳴るかどうかもチェックすると良いでしょう。

試してみてどれかが当てはまる場合には、モニターが故障していると考えて良いです。

その②:充電できているか確認する

充電が出来ていないケースもMacBook Pro電源が入らない原因の一つです。
MacBook Proはノートパソコンであり、使用する場合には充電をする必要があります。

多くの人は充電をしながら使用していると思いますが、気が付かずに充電器のコネクトが抜けてしまっていたなんてケースもあります。

しっかりと充電が出来ているのかを確認する事も大切ですよ。

その③:SMCリセットを施す

SMCリセットもMacBook Pro電源が入らない時の対処法としておすすめの方法です。

SMCとは、システム管理のコントローラーの事で電源周りの制御をしている役割があります。

普通に使用している時にSMCリセットをする事はほとんどありませんが、電源が入らない時には実施するべきです。

SMCリセットを施す事ですんなりと電源が付く事も多いのです。

電源が入らない以外にもライト関連やパフォーマンス関連の症状を解決できる可能性があるので、おすすめです。

その④:Shift+Control+Option+電源ボタンを押す

Shift+Control+Option+電源ボタンを押す事でSMCリセットが出来ますが、いきなり押すのではなく順序があります。

まずはApple メニュー からシステムを終了させて電源を落とします。

電源が落ちたのを確認したら、「shift」と「control」、「option」を同時に押しながら電源ボタンを10秒ほど長押しします。

10秒後にキーを全て離してMacを起動させましょう。

手順さえ分かっていれば簡単にリセットをする事が可能です。

その⑤:Command+R+電源ボタンを押すa

Command+R+電源ボタンを押す事でも電源が入らないMacBook Proに効果的と言えるでしょう。

Macをスマートに再起動するには、同時に押してアップルのロゴが表示されたらキーから指を離します。

Macの管理者パスワードなどが必要になる場合があるので確認しておきましょう。

Command+R+電源ボタンを押すのはリカバリーモードというので覚えて試してみましょう。

MacBook Pro電源が入らない原因【4選】

MacBook Pro電源が入らない原因【4選】

MacBook Pro電源が入らない原因は何があるのでしょうか?
ここではMacBook Pro電源が入らない原因を4選紹介します。

 

その①:熱い環境で使っている

MacBook Proは多くの人が使っている便利なパソコンですが、動作が快適で使いやすいのが魅力です。

快適な動作故にパコソン内部で熱が発生しやすくなってしまうことも多いです。

冷却装置はありますがどうしても使用している環境によって熱が篭りやすい場合があります。

熱い環境でMacBook Proを使用している人は、見直してみると良いでしょう。

その②:充電器が故障している

MacBook Proの電源が入らない場合は充電器の故障を考えてみると良いでしょう。

MacBook Proに関わらずパソコンは充電をしなければ使うことが出来ません。

充電器自体が故障しているとMacBook Proに上手く供給が出来ません。
MacBook Pro本体の故障よりも先に充電器が使えるかを確認してみましょう。

充電器だけでも販売しているので、故障している場合は交換する必要があります。

その③:バッテリーが寿命or故障

MacBook Proを使用するとバッテリーの充放電回数が増えていきます。

バッテリーの電力を全て使い切ると1回とカウントされます。

充電する回数とバッテリーの電力のカウントは一致するとは限りません。

バッテリーは上限を超えると劣化していきます。
バッテリーが劣化すると故障しやすくなり、寿命もあります。

バッテリーが劣化や故障してしまうとバッテリーは交換しないとうまく充電が出来なくなります。

MacBook Proを長期間使用していると起こりうるケースなのでバッテリーの交換をするとよいでしょう。

その④カバーケースをつけずに持ち運んでいる

MacBook Proに限らずですが、カバーケースはとても大切な役割を果たしています。
カバーケースをつけない方がスタイリッシュには見えますが、どうしても持ち運ぶと汚れや傷が付いてしまいがちです。

衝撃を吸収してくれるメリットのあるカバーケースを付けていないとMacBook Proにダメージを与えてしまうかもしれません。

与えられる衝撃が強ければ、充電が出来なくなるケースもあるようです。
MacBook Proを持ち運ぶ際には、カバーケースは必須です。

【2020】MacBook Proの電源が入らない時の原因と対処方法のまとめ

【2020】MacBook Proの電源が入らない時の原因と対処方法のまとめ

MacBook Proの電源が入らない原因と対処方法を解説していきました。

快適な動作が出来るMacBook Proですが長く使用するためにも電源が入らない時の対処法や原因を覚えておきましょう。

 

 

Amazonで1000円+最大2.5%ポイントゲットする方法

Amazonでお買い得に、買いたい方はAmazonギフト券の購入(チャージ)がおすすめ

チャージするたびに、チャージ額×最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonプライム会員じゃない方もとってもお得です。

“maki”

しかも今なら!初回チャージで1000円分のポイントがもらえます

チャージするだけで、1000円以内の商品なら実質無料になります!

・1円単位で購入可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA